ブログトップ

☆Diary☆ old air rhyme石橋ダイビング現地ガイドサービス

airhyme.exblog.jp

今日の石橋 2012/09/29

 みなさん、こんにちは。
 とりあえず、なんとか18号の影響からは逃れたようです。
 朝一の時点では、うねりもかなり入っていたのですが、後1~2時間で収まりを見せて昼前までには殆ど問題ない状態に回復しています。
 時折うねりによる波は立ちますが然したる力も無く、膝から腿に当たる程度です。セットの間隔も長くその間は凪ぎの状態になります。
 透明度も思いのほか良く、表層から中層にかけては魚の群れをしっかり確認できるほどで潮も幾らか青味がかっています。ただ水底砂地近くは巻き上がった砂等が沈殿しきらないようでモヤの掛かったような印象です。明日には落ち着きそうな雰囲気です。
 透明度    3~10m      水温    24℃

 ~生物情報~
 魚の群れが大変なことになっています。
 イサキ、マアジを中心に中層は魚影の渦です。
 ネンブツダイはゴロタと砂地の境で帯状に群れを成しています。もう少し透明度が上がればなかなか壮観なのではと思います。

 一つ残念なお知らせです。
 ニシキフウライウオの姿が見当たりません。砂地の南エリアは特に砂の巻上げが激しかったこともあり、また改めてしっかり探してみたいと思います。
 因みにガラスハゼ、ベニカエルアンコウなどは至って元気そうです。

 マクロ的な話ではオススメのウミウサギ―個人的な嗜好です―、トラフケボリが復活していました。
 他コダマウサギ等も難を逃れた様子です。

 それでは当面台風17号の動向が気になりますが、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆ な お き ☆  xoxo
~なぎ・さ・らうんど~ 現在調整中、今しばらくお待ちください。


  
by airhyme | 2012-09-29 17:19 | ダイビング ログ
<< 今日の石橋 2012/09/30 今日の石橋 2012/09/28 >>