ブログトップ

☆Diary☆ old air rhyme石橋ダイビング現地ガイドサービス

airhyme.exblog.jp

今日の石橋 2013/01/10

 みなさん、こんにちは。
 穏やかな海が続きます。波も殆ど無くこの時期らしい海況になっています。
 ただ透明度がいまひとつ芳しくありません。白濁りが残りすっきりしない状況です。水は青いので決して悪くは無いのですが…
 一方で水温はいよいよ冷たさが増してきました。一部表層がところにより13℃を記録します。
 透明度     10m前後     水温    13~14℃

 ~生物情報~
 先ずはハナタツ、いまだ健在です。
 のらりくらりと留まっていてくれています。

 イロカエルアンコウが今日のところ見当たりませんでした。
 どこかお出掛けのようです。

 久しぶりにハナミノカサゴのオチビちゃんとご対面です。
 やはり小さいとはいえ優雅で華やかです。
 背景が青く抜けるので尚更です。

 ウミウシではタテヒダイボウミウシ、ヒロウミウシです。
 今回はあまり目に入りませんでした。

 ウミウサギは定番もの健在です。スミレコボレバケボリ、トラフケボリ、ホリキヌヅツミは確認。他ベニキヌヅツミやツグチガイ、シロオビキヌヅツミなども見られるはずです。

 甲殻系ではやはりコマチコシオリエビ、一押しです。今回は新たにオオウミシダに付く黒白バージョンを見つけてきました。勿論以前からのシモフリウミシダに潜む黒白も健在です。また黒黄色もちゃんと居てます。
 それ以外ではクシノハカクレエビ、イソギンチャクモエビを見てきました。

 クマノミも頑張っています。少なくとも赤ちゃんだけで8固体は健在です。
 ミツボシクロスズメダイが少し大人しくなり始めたでしょうか。イソギンチャクにみんなが寄り添うように溜りだしました。それでも数では以前と変わらずまだまだ盛んで賑わいます。

 そしてダンゴウオはまだ捜し切れていません。なかなか厳しいところです。

 最後にワイドの話題。
 マアジの群れ、いよいよ本格的になってきました。去年と同じ塩梅で、20cm強の成魚がかなりの数で玉状に溜を作りゴロタの水底近くに陣を取り始めています。これからが楽しみです。正に再現です。

 海況並びに生物事情共に悲喜交々ではありますが、これが冬の海、良いとこ取りで楽しんで行きたいところです。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 因みに明日またもやピンチヒッターで小田原FM “Good day小田原”内 〈ダイビング日和〉でおしゃべりをします。。お手隙ならばお耳に掛けて頂ければと思います。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2013-01-10 20:32 | ダイビング ログ
<< 今旬Pics ― ハナタツ 今日の石橋 2013/01/08 >>