ブログトップ

☆Diary☆ old air rhyme石橋ダイビング現地ガイドサービス

airhyme.exblog.jp

今日の石橋 2013/01/18

 海沿いでは雪の欠片も無かったのですが、街中に入ったら結構雪が路肩に残っていてちょっとびっくりしました。違うもんですね、同じ街なのに… ☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 さて今日の石橋の海は、やはり変わらず穏やかな海況です。
 透明度も昨日より少し上がった感じがします。
 水温は驚いたことに1℃上がりました。表層は依然冷たいのですが、中は温度差で温かく感じられます。
 透明度    10~15m       水温    13~14℃

 ~生物情報~
 今日は昨日の続きで南側のエリアに捜索範囲を移していきました。
 しかしながらダンゴウオ見つからず。残念です。

 と言うことでその他の情報をお届けいたします。

 北側に対して南側はやはり賑やかではあります。

 ネンブツダイやマアジ、スズメダイと中層から水底近くまで群れをつくっています。

 あわせてキンギョハナダイや他の魚達―メジナやイシダイなど―もまだまだ元気と言った感じで生気が感じられます。

 マクロ系ネタでは、とりあえず現―限りなく個人的な―2Top、ハナタツとイロカエルアンコウはしっかり確認して参りました。

 ウミウシ、ウミウサギ系ではアデヤカミノウミウシ、キイロウミコチョウ、ヒロウミウシ、スミレコボレバケボリ、トラフケボリ、ホリキヌヅツミと健在です。残念ながらタテヒダイボウミウシは確認できませんでした。

 あと甲殻系ですが、やはり水温に押されて少なくなってきました。
 とりあえず甲殻系一押しコマチコシオリエビは黒白、黒黄色共に元気です。しかもだいぶ大きくなっています。カザリイソギンチャクエビ、こちらは安泰です。
 そしてそして今期初登場にして久しぶりのマルガザミ。スナイソギンチャクと共に登場です。しかもすでに大きい。
 あとは少しマニアックに穿って頂いてサメハダオオギガニ(結構居ます)、ベニホンヤドカリ等見られました。

 そしてクマノミのちびっ子達は変わらず元気そうでした。

 果たしてこの水温、如何様に推移していくのか気になりますが、生物関連狙いどころ見極めていきたいと思います。ダンゴが出ると形が整うのですけれどね…

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆  xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2013-01-18 21:13 | ダイビング ログ
<< 今日の石橋 2013/01/19 今旬Pics ― オキゴンベの子供 >>