ブログトップ

☆Diary☆ old air rhyme石橋ダイビング現地ガイドサービス

airhyme.exblog.jp

今日の石橋 2013/03/15

 染井吉野がその時を今か今かと待ちわびるほどに春も深みを増してきたようです。みなさん、こんにちは。
 さて海の中はと言いますと、春の濁りが続きます。うねりも時折入り多少の波を立てます。無論浅場では幾らかの揺れを感じますが、中に入ってしまえばそれ程には気になりません。
 潮の引き具合には手を焼きますが、第三のエントリー口を復活させて対応。ゴロタもある程度退かすことで足場も幾分確保出来ています。
 透明度   5m前後    水温   15℃

 ~生物情報~
 先ずはダンゴウオ情報。
 少なくとも6固体の存在は確認されています。
 サイズ的には3mm程度が中心です。色は赤。エツキイワノカワに着生しています。
 とにかくエツキの上を所狭しと動く様子が堪りません。時折思い立ったようにゼンマイ仕掛けのおもちゃさながら、くるくると小刻みに動く姿が小気味好く気持ちが持ってかれます。

 そのほかマクロネタとしてはやはりウミウシが繁盛しています。
 いわゆる基本4種(アオ、シロ、サラサ、コモン)はもとより、オトメ系(ハナオトメ、オトメ、カメキ、オセザキetc)、ゴクラクミドリガイ系(アオボシ、スウィートジェリー、コノハ)、ゴマフビロード、ムカデミノウミウシ、コザクラミノウミウシ、クロヘリアメフラシなど顔を出しています。
 まだまだ増えていくことが期待できます。

 ウミウサギの仲間もまたこれまでの定番に加えそろそろお目見えしそうな雰囲気が漂います。
 スミレコボレバケボリやトラフケボリ等健在ですが、ベニキヌヅツミが増えだしています。今後シュスヅツミやアヤメケボリ、コダマウサギなど期待出来ると思います。

 その他ベニカエルアンコウやクマノミ、オキゴンベ(yg)、ユウダチタカノハ(yg)、甲殻系ではコマチコシオリエビやマルガザミなどのオススメも健在です。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆  xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2013-03-15 21:10 | ダイビング ログ
<< 今旬Pics ― ハナオトメウ... 今日の石橋 2013/03/12 >>