ブログトップ

☆Diary☆ old air rhyme石橋ダイビング現地ガイドサービス

airhyme.exblog.jp

今日の石橋 2013/08/27

 湿っぽくするつもりも懐古的―ノスタルジア―に浸るつもりも、ましてや今を比較し憂うつもりなども毛頭ないのですが、折り合って昭和の歌姫―天才とも称され―と言われるある一人の歌い手さんのうたを聴きながら、―『上手いな』って、歌唱力だけではない伝わる重みなどもひっくるめて、そう感じ入りながら(R.I.P)―、これを書いています。☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 今日の海も若干のうねりが入ります。
 透明度は昨日と変わらず、白く濁った印象です。
 透明度  5~7m   水温  24~28℃

 ~生物情報~
 ここ最近左側のエリアばかりに執心しておりますが、今日もそうなりました。

 なぜなら…

 ハゼが熱い。
 もとより今年は南エリアではガラスハゼが異様に多く、また浅瀬ではクロユリハゼも大量に出現しています。
 そして今年の石橋は左の砂地エリアでも―元々それほどここ石橋では共生ハゼなどに対して然したる話題も上がる事無く今日まで至っているのですが―なにやら巣穴がやたらと多く目立つのです。

 ササハゼのオチビちゃんやクロイトハゼなど
 これまで目抜き―今旬―情報をお伝えしているのですが、今回よく巣穴を観察していると何やら今まで意識したことがなかった小さい生物―ハゼ―がチョコチョコ動いていたり、ホバーリングしているではないですか…

 ―てなわけで時間もあっという間に過ぎてしまうのです―

 紹介していきます。
 今日出会った注目のハゼさんたち。

 これまで紹介してきたササハゼのオチビちゃんとはかなり近い距離でオドリハゼの赤ちゃん。
 そのまた近くにヤツシハゼ(と思わしき)の赤ちゃん。
 ダテハゼに混じってハチマキダテハゼの赤ちゃん。
 クロイトハゼはいつものように番で。

 巷ではハタタテハゼが出た出ないで話題が席巻しているようで、ハゼ関連今年は目が離せないようです。
 今年こそは例えばネジリンボウ、あるかもしれません。何となく予感がします。

 選出したての“~勝手に~ネ申8” 早々ではありますが近々組み換えます。

 因みに他出会った注目生物はハナタツ―残念ながら今日は1個体だけしか確認できませんでした―、カエルウオ、タツノイトコ、ミノカサゴの赤ちゃん―こちらも1固体だけ、大きいほう―、テンスの子といったところです。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2013-08-27 22:10 | ダイビング ログ
<< 今旬Pics ― ミノカサゴ(yg) 今日の石橋 2013/08/26 >>