ブログトップ

☆Diary☆ old air rhyme石橋ダイビング現地ガイドサービス

airhyme.exblog.jp

今日の石橋 2013/09/04

 いつからウェットスーツにしようかと―勿論今季3~4回は着たんですよ―考えているうちに夏が終わってしまいました。☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 今日の石橋の海は、今では熱帯低気圧に変わっている台風17号の影響を、上げ潮のタイミングもあいまって、正午をまわった頃より風に因るうねりとして徐々に受け出した印象です。
 透明度は豪雨の後だったこととうねりの影響も受け、手前の浅瀬は特に濁りを見せていました。
 水温は先日から一転すこぶる温かく感じられます。
 透明度   2~5m      水温   24~27℃

 ~生物情報~
 先ずは浅瀬から。
 ハナタツ1固体だけ辛うじて確認。
 定位置からは離れてしまいました。果たして戻って来るのか…。

 クマノミとミツボシの赤ちゃん、ベニカエルアンコウなども健在です。

 砂地に下りてササハゼ、健在です。
 ガラスハゼも多いです。
 コケギンポも数固体確認しております。

 それとアゴアマダイなどの仲間でしょうか。自ら砂や石を口に咥え巣作りに勤しんでいるオチビちゃんを確認しています。警戒心バリバリでライトを当てようものならすぐに巣穴の奥底に。呼吸音ですら敏感に反応する始末で、全く近づけず精査出来ません。

 ヒフキヨウジが何個体か目に付きました。

 そして相変わらず稚魚達が賑やかに屯しています。

 甲殻系ではイソバナカクレエビ―個人的ヒットです―の黄色バージョン。あれは良いです。定位置キボンヌ(古いTT;)です。
 他はザラカイメンカクレエビ、クシノハカクレエビ、イソギンチャクモエビ、カザリイソギンチャクエビなどオススメ。アカホシカクレエビは又しても飛んでいってしまったようです。

 ウミウシ、ウミウサギガイではハナオトメウミウシ(交接)、キイロウミコチョウ、スミレコボレバケボリ、トラフケボリ―そうだセロガタケボリを確認し忘れた―など見られます。

 さて少し海が動きそうです。果たして吉と出るか、凶と出るか…

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2013-09-04 18:06 | ダイビング ログ
<< 今日の石橋 2013/09/06  今日の石橋 2013/08/31 >>