ブログトップ

☆Diary☆ old air rhyme石橋ダイビング現地ガイドサービス

airhyme.exblog.jp

今日の石橋 2013/10/19

 みなさん、こんにちは。
 26号の爪痕も癒えぬうちに次は27号です。26号を凌ぐ勢力と言われています。しかも同じようなコースを辿ると…。
 その影響でしょうか、台風明けとは言い難い陽気に海況です。
 うねり、風波共に入ります。ダイビングは可能ですが、タイミングを見計らってのエントリーエキジットです。
 透明度は可も無く不可も無く、白く濁ってはいますが、水自体は青味がありそれなりに見通しが利く印象です。
 水温は下がりました。
 透明度   5~7m     水温   22~23℃

 ~生物情報~
 先ずは魚影が更に濃くなりました。
 スズメダイからネンブツダイ、キンギョハナダイやホンベラ、クロホシイシモチ、そして秋の風物詩ミナミハタンポまで。稚魚から少し成長した様子で、姿形も大きくなり、迫力も増しているように感じられます。

 今日は特にカンパチがかなりの数で回遊していました。

 アオリイカもまた同じく編隊遊泳を見せています。

 クマノミやミツボシクロスズメダイも元気です。
 ミツボシは更に数を増やしており、いたるところで賑々しく群れています。

 ベニカエルアンコウは3個体確認出来ました。

 コケギンポも相変わらず定位置で健在です。

 マクロ系ではまず甲殻系。イソバナカクレエビ、イソギンチャクモエビを確認。
 ウミウサギではスミレコボレバケボリ、トラフケボリ、ベニキヌヅツミ、アヤメケボリが見られます。

 この時期になってもなかなか落ち着かせてもらえない状況ですが、今後の動向を見守っていくしかないといったところです。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo


 
by airhyme | 2013-10-19 18:01 | ダイビング ログ
<< 今日の石橋 2013/10/20 果たして >>