ブログトップ

☆Diary☆ old air rhyme石橋ダイビング現地ガイドサービス

airhyme.exblog.jp

<   2012年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

今日の石橋 2012/06/29

 みなさん、こんにちは。
 昨日今日と低気圧の影響が出てしまったようです。
 今日夜半には低気圧も多少北上する予定なので、海の方も幾らか落ち着いてくることが期待できますが、問題は透明度です。水面の状況を見る限りではかなり厳しそうです。
 実際は中に入ってみなければ判らないところもありますけれど。。。

 そんなこんなでも明日に期待はしています。

 それでは皆さん、またのお越しを。

 by ☆ な お き ☆ xoxo
 More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2012-06-29 23:00 | ダイビング ログ

今日の石橋 2012/06/27

 みなさん、こんにちは。
 前日の透明度は何処へやら、一気に水が濁ってしまいました。
 午後になって多少の回復は見られましたが、それでも2m弱。なかなか厳しい状況です。
 今後の透明度、果たしてどうなっていくのか。。。ただ唯一可能性を探るなら綺麗な潮も所々筋状に入り込んでいることです。そこに期待したいと思います。

  透明度  ~2m     水温  20℃
 
 ~生物情報~
 海の状態が悪い中でも、やはり目を惹くのはアオリイカの産卵です。
 産卵床にはすでに20匹程のアオリイカが集まっています。目の前で体色を目まぐるしく変えながら、代わる代わる卵を産み付けている光景は何とも素敵な光景です。
 まさに“今旬”です。

 それでは皆様、またのお越しを!

 by ☆ な お き ☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~


 
 
by airhyme | 2012-06-29 06:19 | ダイビング ログ

今日の石橋 2012/06/26

 みなさん、こんにちは。
 思ったより透明度の回復が見られます。
 相変わらず酒匂川の河口からは薄緑色の濁った水が放射状に相模湾へと流れ出しているようですが、その濁りは辛うじて表層に留まってくれています。
 -2m以深の中層では浮遊物こそ多く見受けられますが、水自体は思いのほか綺麗で水底まで降りてしまえば、それも気にはならなくなり、かなりしっかりと視界を保てる状態です。
 ここ暫く東寄りの風が吹き水面は波立っていますが、海の中は至って穏やかでこの点でも好印象です。

  透明度  5~8m(表層は1m弱)    水温  20℃

 ~生物情報~
 ダンゴウオは現在残り一固体となってしまいましたが、一方砂地ではアオリイカの産卵、イナダ(若しくはワラサ)の回遊とうれしいこともやはり変わらず起きています。
 どちらも勝るとも劣らず圧巻の光景ですが、アオリイカ(20匹位)の産卵シーンは幻想的で妖艶、対しイナダ(50匹位)の群れは銀の壁となり迫力に満ちています。好対照の今旬アイテム、絶対、絶対のオススメです。
 他タツノイトコが久しぶりに復活。ハナハゼの赤ちゃんも出始めました。ネンブツダイの口内抱卵も見られるように。チャガラの赤ちゃんも群れを作りだしました、などなど。色々と新たな息吹を感じさせる海となって参りました。河川から出た泥水の悪影響が海中の生物環境に存外及んでいないようなので、兎に角も良かったです。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆ な お き ☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~

 
by airhyme | 2012-06-26 19:31 | ダイビング ログ

今日の石橋 2012/06/24

 みなさん、こんにちは。
 台風4,5号の置き土産、その影響、憂慮していたことではありますが、いまだ続きます。
 これほど雨水により透明度が悪くーしかも潜れなくなるほどにーなる状況は2年前、一昨年来のことでしょうか。その時は2ヶ月弱膠着してしまいました。水底に泥が堆積するなどして生物に与えた影響も多分にあったかと思われます。
 
 兎角近接した酒匂川―そこだけに限ったことではないのでしょうが―などの河川から流れ出した濁水が扇状に相模湾を覆い尽くしているような恰好が続いています。
 思いのほか―皮肉にも―海も凪いでいることで、潮が動かないといったことも影響しているでしょうか。

 生物の様子も気になるところですが、透明度の回復を願うばかりです。

 それではまたのお越しをお待ちしております。

 by ☆ な お き ☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2012-06-25 00:01 | ダイビング ログ

今旬Pics ― アヤメケボリ

 今回の台風4、5号の残した轍の深さは、やはり“雨量”。
 現在この界隈の海、その色からしても、なかなかの濁りようです。早めの回復を願いたいものです。
 
 ここ最近の生物事情は台風3号以来なかなか豊かで、様々なものが姿を見せはじめ海の中を賑わせているわけですが、そのこともあってか一層身を潜め、あまり人目に触れることもなくひっそりと存在している“海のジュエリー”ことウミウサギ―貝の仲間―。ここにきて季節柄希少性も高まって参りました。故にあえての“推しメン”。。。
a0263982_1252749.jpg
 アヤメケボリ。ここのところ充実しているウミウシ―春コレクション―の仲間でもあり、この辺りでは割と珍しいらしく、西伊豆や大島などでは時折観察されるというウミウサギの一種です。大きさにして2cm足らず、アカヤギにしっかり擬態しているので、尚の事目には映り難いようです。それでもよく見るととても綺麗な色合いをしています。やはり美しきかな“海のジュエリー”なのです。因みに上が頭です。 

by ☆ な お き ☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2012-06-22 23:59 | 生物情報 pics

今日の石橋 2012/06/17

 みなさん、こんにちは。

 台風や前線など、色々気になることはありますが、とりあえず海の方は落ち着いています。多少のうねりは感じられますが、まず殆ど問題ない状況かと思われます。
 ただ少し透明度のほうが怪しくなってきました。連日の雨の影響等が出てきたようです。川の水が少しずつこちらに寄って来ています。
 ただ砂地水底付近であれば、まだその影響は出いていません。
 今後台風4号の動向もありますので、注意が必要です。

  透明度  ~8m    水温  19~20℃

  ~生物情報~
 待望のアオリイカの産卵シーンが見られるように!!!
 砂地の産卵床でついに産卵シーンが見られるようになりました。先日より卵塊は目に付くようになっていましたが、今年は去年より少し早く観察できています。やはり何度見てもこの光景はいいものです。優雅で幻想的でそしてダイナミック。これから暫く夏ぐらいまでこの産卵は続くと思われます。
 そしてダンゴウオ、現在3個体。最新で見つかったダンゴウオが早々に見当たらなくなってしまいました。それでも3個体はなかなかのものです。1cm 1cm 1.5cm。
 またワラサの群れもしっかり見れています。数にして100は下らないかと。ただ今日のワラサは少し慌しく、あっと言う間に駆け抜けていってしまいました。何かを追っていたのでしょうか???とは言え今回も1ダイブで2回遭遇しているので、確率的には良い方だと思います。
 その他ガラスハゼの赤ちゃんや、春物ウミウシ―オトメウミウシ系を中心に―なども注目アイテムです。

 そんなこんなで賑わいだす晩春の海の中、これから更に楽しみです。

 それではまたのお越しをお待ちしております。

 by ☆ な お き ☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2012-06-19 01:12 | ダイビング ログ

なぎさα 2012/06/16

 透明度   5~8m     水温   20℃

  ☆―北エリア/砂地―☆
ネンブツダイの群れ、サンゴタツ(yg)(4/15)、
ミノカサゴ、メイタガレイ、マゴチ
セスジミノウミウシ、ムカデミノウミウシ
コノハガニ

  ☆―北エリア/ゴロタ―☆
ダンゴウオ(4/28)
ヒロウミウシ、ムカデミノウミウシ

  ☆―センター―☆
ミノカサゴ、ヒラメ、ホンベラの群れ
カマスの群れ、ミナミハタンポの群れ
ダンゴウオ(yg)、アオリイカ
ハナオトメウミウシ、ヒロウミウシ

  ☆―南エリア/砂地―☆
ワラサの群れ、ガラスハゼ(yg)、ダンゴウオ(6/9)
キンギョハナダイ、アカエイ、
スズメダイの群れ、コケギンポ、ヒラメ
マゴチ、ワニゴチ、マツカサウオ
コウベダルマガレイ、メイタガレイ、オキゴンベ
アヤメケボリ、シュスヅツミ
ハナオトメウミウシ、オトメウミウシ、オセザキオトメウミウシ
ホソジマオトメウミウシ、カメキオトメウミウシ、
ミツイラメリ、シロウミウシ、サラサウミウシ
オルトマンワラエビ、トゲツノヤドカリ、ベニホンヤドカリ

  ☆―南エリア/ゴロタ―☆
ダンゴウオ(yg)(×3)、クマノミ(×3)
マツカサウオ、スズメダイ、オキゴンベ、キンチャクダイ、ヒラメ
イシダイ、イシガキダイ、キンギョハナダイ
キイロウミコチョウ、ヒロウミウシ

 ~なぎ・さ・らうんど~ より
by airhyme | 2012-06-19 00:01 | 生物情報 なぎさ

なぎさα 2012/06/16

 透明度   5~8m     水温   20℃   

     ☆ “今旬”の お・す・す・め ☆
 この時期とは思えないワラサの群れ、囲まれました。 ビックリです。大きさは殆どブリです。数にして100は下りません。いつものようにダイバーの泡が気になるようでかなり接近してきます。圧巻です。まさに“今旬”です。
 アオリイカの産卵、始まっています。ただ産卵シーンまではまだ見れないようです。あちらこちらに卵塊が見られるようになりました。
 
 ダンゴウオ、また新たに2個体発見(6/15)!!!
 今回はすでに1cmと1,5cmでだいぶ成長していますが、この時期に更に発見できるとはかなり驚きです。未だ嘗てない動きです。ただ貴重なデータになると思います。
 これで現在4個体―1個体一番南側の個体が消えました―見る事が出来ます。そして成長著しいです。笑えるほどに。。。

 ガラスハゼの赤ちゃんようやく誕生(5/25)からの、だいぶ大きくなっています。1cm強。まだまだこれからの成長が楽しみです。

 クマノミ新たに越冬者現る(6/15)!!!これで現在3固体見られます。なんか嬉しいですね。今年もクマノミ三昧の予感。 
 
 ホンベラの群れメジナの群れ、がいよいよ本格的に出てきました。多少地味ではありますが、それでもこれから夏に向かう海の中を―華やかではなく―賑やかに彩ってくれています。
 ちょっとオススメ!キタマクラの赤ちゃんが出始めています。めちゃめちゃ可愛いのです、コイツが…。砂地や岩陰結構見れます。

 春系ウミウシ―春コレクション(春コレ)―もかなり出揃っています。注目です!!!
 
         ☆ “今旬” コメント ☆
 この時期としてはただただ珍しい光景が目に付きます。ワラサ―殆どブリサイズ―のおびただしい群れの回遊、ダンゴウオの数の多さ、去年に続いて、すでにクマノミラッシュ。
 とにかくもそんなこんなで賑わいだしました海の中。ホンベラの群れも見事ですし、メジナの群れも増えてきました。ヒメオオメアミ、なんてのも出ています。これから夏に変わろうとしていく様が意気揚々と感じ取れます。今年はクマドリとか出ちゃうのかな。。。

 ~なぎ・さ・らうんど~ より
by airhyme | 2012-06-18 23:40 | 生物情報 なぎさ

今旬Pics ― ダンゴウオの成長

 一昨日また新たな出会いがあった。大きさはすでに1センチを超えている。なんでまたこの時期に。。。a0263982_2455832.jpg
 あの頃、彼らがまだ出始めだったあの頃。まだ彼らが“ダンゴちゃん”だったあの頃。

a0263982_2462897.jpg

彼らはエツキイワノカワと言う海藻にちょこんと乗っかっていた。


 


 そして成長。

 あれから3ヶ月が経ち今、そのエツキイワノカワに彼はドカンと乗っている。ダンゴ様となって。a0263982_2465223.jpg
 背鰭の形にも少し変化があるようだ。“ダンゴ様”の背鰭。。。 目玉をくるくると動かし、時にあくびをする。あとは殆ど動かない。
 それでも、そんな彼でも、出会うとやっぱりトキメキが止まらない。季節外れの出会い。

※写真の個体はそれぞれ別の個体です。一段目今年初の個体、2段目4月下旬、3段目最新一昨日出逢ったダンゴウオ

 by ☆ な お き ☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2012-06-17 03:02 | 生物情報 pics

今日の石橋 2012/06/15

 諸事情、諸々ありまして久方ぶりの更新となりました☆なおき☆です、みなさん、こんにちは。

 海のほうは至って落ち着いています。
 透明度は以前に比べればだいぶ回復して来ているようです。良いところで、砂地水底、7~8mは見えていると思います。中層はまだ幾らかの濁りはありますがまずまずかと。
 
 透明度  5~8m    水温  20℃


 ~生物情報~
 とにかく色々有り過ぎて困るぐらいです。かなり賑わってきました。先日の台風や低気圧の影響がここにきていい具合に作用しだしているのかもしれません。
 先ずアオリイカの産卵が始まっています。産卵シーンとまではいきませんが、卵塊がちらほら見受けられます。
 そしてワラサの群れ、この時期としては非常に珍しいとしか言えないのですが、ほとんどブリに近い大きさで回遊しています。数にしたら100は下らない大きさです。しかも近い。ダイバーの泡が気になるようです。
 さらにダンゴウオ。新たに2匹発見です。これもまたこの時期に珍しいことです。大きさはすでに1.5cm程度まで成長した個体と1cm位のものです。やはりまだまだ見つかっていくのでしょうか。ただこの時期に見れることで、ある程度の―今後ダンゴウオがどのように動くのか―いまだ判らないこの近辺での動向=生態が観察されるかもしれません。新しくデータが残せそうで楽しみです。因みに現在4個体―残念ながら1個体消失―見る事が出来ます。
 最後にクマノミ。また新たに越冬した固体に出会えました。大きさもすでに6cm位にはなっています。今年もこの分だとかなり見られるかもしれませんね。ここでこんなに見られるなんて、なんか嬉しいです。
 まだまだ見所はありますが、今日のところはここまでです。
 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆ な お き ☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~

 
by airhyme | 2012-06-16 04:41 | ダイビング ログ