ブログトップ

☆Diary☆ old air rhyme石橋ダイビング現地ガイドサービス

airhyme.exblog.jp

<   2012年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

今日の月

 8月最後の日、これで夏も終わりなんですね、とりあえず。☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。

 昨日今日と大瀬崎の海を潜って参りました。
 残念ながらかなり濁っていました。

 さて今宵は今月最終日にして2度目の満月、“ブルームーン”。

 夜空には雲は無く、煌々と夜の町を照らし出しています。

 いつもの同じ満月ではあっても何となく特別に感じてしまうのは…

 見上げてごらん夜の月を~

 てなわけで皆様、またのお越しをお待ちしております。

 ☆ な お き ☆ xoxo
by airhyme | 2012-08-31 21:13 | 海のお話、とか

今日の石橋 2012/08/28~29

 みなさん、こんにちは。
 昨日には台風15号の影響から完全に脱するようになり、海はほぼべた凪の状態が続きます。
 透明度は昨日の時点ではあまり良くはなかったのですが、今日に関してはそれなりにいい潮が入って来た様で、水も青味がかったように感じられます。
 更に沖合いにはより青い潮が帯状に見られます。それが沿岸部に寄ってくれば透明度も増すのではと期待も高まります。
 水温は昨日から水底で少し下がったようです。
 透明度  5~12m     水温  24~27℃

 ~生物情報~
 南方系幼魚、アカハチハゼが浅瀬に登場です。
 こちらもなかなかこの辺では見られない幼魚です。白い身体に頭が黄色く目の下に青いラインが入っています。その色合いがとても綺麗でかつよく目立ちます。砂を忙しなくパクパク食べてはその中の餌だけを濾し余分な砂をそのつど鰓から吐き出すと言う食事の仕方をしています。よく観察しているとその様子がとても面白く可愛く見えてきます。
 そして“奇跡の”ニシキフウライウオ、健在です。

 その他新しい出会いとしてはウミウサギの仲間でホリキヌヅツミに出会えています。ヤギに見事に擬態しているのでなかなか見分けるのが難しい固体です。ただ見分けたときの感動はなかなかのものです。

 ワイド系ではイサキの群れが今日はやたらと目立っていました。そしてそれを追ってワラサが数匹で攻撃を仕掛ける光景も。
 アオリイカの子供たちも群れをつくって遊泳するようになりました。特に浅瀬で見られます。

 なかなか見所満載の海が続いています。今後も目が離せません。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆ な お き ☆ xoxo
More Information →  ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2012-08-29 23:48 | ダイビング ログ

今日の石橋 2012/08/27

 朝が随分と涼しくなりました。☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。

 今日の石橋、台風の影響はだいぶ薄らいだようです。まだ多少のうねりはありますが、いいコンディションです。
 潮の状態も安定しているようです。多少浮遊物が漂いますが、ゴミというよりもプランクトンも多いようです。それはそれでお魚さんたちを活気付ける元気の元です。
 透明度は浅いところで3~5m、深いところで―特に砂地に出て―10~15mと上々の塩梅かと思います。台風の影響は黒潮の支流を運んできたのかもしれません。
 透明度   3~15m      水温25~27m

 ~生物情報~
 “奇跡”のニシキフウライウオ、南の砂地エリアで健在です。いい色出しています。
 その横でガラスハゼもペアーで元気です。
 更にまたその隣で先日まで5mm程度の透け透けの赤ちゃんだったスケロクウミタケハゼ、久しぶりにトサカを覗いたら2cm位までしっかり成長していました。それでもまだ落ち着かない様子で宿の中をチョコマカしています。
 クマノミ&ミツボシは更に増加しています。どこまで増えるのか、今年は当たり年です。
 季節ものベイビー話題としてはコガネスズメダイも目立つようになりました。クロユリハゼの赤ちゃんたちも何箇所かで群れをつくり始めています。ベラ系ではモンツキベラの赤ちゃんもよく見られます。
 また個人的にオススメで気になるのがアオサハギの赤ちゃん。思わず手に包んでしまいたくなるほどの容姿風体なのです。それと今年はよく見かけるソメンヤドカリの赤ちゃん、宿である貝の上には一生連れそうであろうベニヒモイソギンチャク、これもいわば共生です。

 色々賑わいますが、ここ暫く赤ちゃん三昧が続きます。ちょっとしたマクロの世界に引き込まれます。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆ な お き ☆ xoxo
More Information →  ~なぎ・さ・らうんど~
 
 
by airhyme | 2012-08-27 20:02 | ダイビング ログ

今日の石橋 2012/08/26

 8月最後の週末如何お過ごしですか?海の家は今日から店じまいをするところもあるようです。短い夏が終わりを告げる瞬間って人それぞれではあっても、きっとありますよね、誰にでも。それはどんな時なのか…☆なおき☆です。
 
 最大にして最強、台風15号の気圧が910hPaまで下がりました。最大風速70m、しかも速度が自転車並み。大丈夫?沖縄。ただそんな中、石橋の海も危ういかと思いきや、むしろ回復に向かっていく様子でした。
 うねりはありましたが、タイミングを計れば十分に対応可能な程に収まりを見せています。
 しかも潮の状態が昨日に比べて格段に良くなったようです。視界も十分に確保できる状態で3本目の最終エキジットの頃にはかなり透明度もありました。むしろ良好なコンディションです。
 水温は全体的に安定していて大きな変化は見られません。
 透明度  5~10m     水温  25~27℃

 ~生物情報~
 奇跡のニシキフウライウオ、いまだ健在です。
 赤みの強い鮮やかな色合いもさることながら、その風体が実に興味深いところです。割と大きな眼をキョロキョロさせている様子もまた、不思議な雰囲気を醸し出していて一興です。サイズは5cmほどで身体は小さくイソバナやヤギ等に見事に身を隠していますが、その眼の動きが思いのほか目に付くのが何とも彼にとっては皮肉なものなのです。

 ミツボシクロスズメダイがやたらと増えています。果たしてどこより馳せ参ずるのか、あっという間に大変な数になっています。
 生まれたてのクマノミの赤ちゃんがいます。これがめちゃくちゃ小さいのです。あんなサイズでもクマノミはクマノミなんですね。

 ウミウシではセスジミノウミウシが久しぶりにお目見えです。こんなところに秋の薫りも漂うようです。

 この賑やかになりつつある海中、否が応にも気持ちが上がります。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆  xoxo
More Infomation →  ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2012-08-26 20:19 | ダイビング ログ

今日の石橋 2012/08/25

 早いもので今日が8月最後の土曜日。夏が終わっていく寂しさをどことなく感じている今日この頃ではありますが、~なぎ・さ・らうんど~の“今旬”Picsの写真が暫く更新されず、いみじくも季節に取り残された感丸出しの“ダンゴウオ”がいまだトップに掲載されていることが、ページを開くたびに些か心苦しくも且切なく感じている☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。

 台風15号、最大にして最強、現時点940hPa、最大風速60m、沖縄史上最悪の台風が日本の南沖合いをゆっくりと北西に動いています。
 幸いにして西湘の石橋ではうねりはあるものの機を見て潜れば潜水可能、しかも水底まで降りれば透明度もかなりあるようです。先日からの潮の質は保たれているようです。

 ニシキフウライも健在とのこと。
 
 27日頃になればこのうねりもある程度落ち着き、生物的にも更なる変化が期待されるところではあります。

 とは言うものの沖縄、何とか無事であって欲しいものです。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆ な お き ☆ xoxo
More Infomation → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2012-08-25 21:30 | ダイビング ログ

今日の初島 2012/08/24

 みなさん、こんにちは。
 今日は初島です。
 海況は台風が来ているとは思えないほどのべた凪。
 透明度、見事です。
 透明度   15~25m     水温   22~27℃

 ~生物情報~
 何をか況や、圧倒的な魚影です。
 ソラスズメダイがコバルトブルーで浅場を彩ると思いきや、その上をキビナゴの大群が視界を遮り、更にその群れの中を何匹ものワラサが縦横無尽に群れの規律をかき乱すが如く疾走していきます。
 そのまた沖合いではタカベが無数の群れで優雅に往来を繰り返します。
 それだけで十分すぎるほど心は満たされるのですが、今回は更に“やぐら”に群れるイサキの壁を、こともなく掻き分けるように泳ぐ数十匹のトビエイの乱舞にも出会うことが出来ました。しかも彼らの息使いまでもが伝わってきそうな程の至近距離。恐れ入りました。

 もちろん初島定番アイテム―今回少し影薄め―ジョーフィッシュにもご挨拶。

 大興奮のヤバイ海でした。

 それでは皆様、またのお越しを。

 by ☆ な お き ☆ xoxo
More Information →  ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2012-08-24 22:02 | ダイビング ログ

今日の石橋 2012/08/23

 8月もいよいよ終盤、ここ最近は朝の陽気も涼しく初秋の空気さえ感じられるようになりました。☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。

 ここ数日間危惧されている台風の影響はほとんど感じられません。時折、小さくうねりが入るぐらいです。ただ最近の傾向として午後になって東よりの風が強くなると上げ潮に合わせて多少波が立ち始めます。然して取り立てる程ではないのかもしれませんが…。
 透明度は明らかに良くなっています。浮遊物は多少気になりますが、水は青味を帯びているようです。
 水温は所々で冷たく感じられます。寒暖が複雑に入り交じった様子です。
 透明度  5〜10m     水温  22〜27m

 〜生物情報〜
 ニシキフウライウオ、健在です。素晴らしいとしか言えません。末永く居着いて欲しいところです。

 クマノミの赤ちゃん増えてます。現時点で最小は1cm弱。堪りません。
 ミツボシの赤ちゃんは“だらけ”になりつつあります。
 なんだかそこだけが南国です。

 ベニカエルアンコウはペア―。メスはお腹が大きくなっています。

 その他クロユリハゼの赤ちゃんやハタタテダイの赤ちゃんなど南方系のおチビちゃんたちが参入中です。
 方や定番ネンブツダイのベビーたちは群れ玉を作っています。ベビーながらも圧巻です。そして綺麗。
 イサキとイワシの群れもかなりの数群れています。壮観です。そこにイナダが突っ込みます。

 夏の正しい良い海です。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆ な お き ☆ xoxo
 More Information → 〜なぎ・さ・らうんど〜
by airhyme | 2012-08-24 19:43 | ダイビング ログ

今日の石橋 2012/08/22

 みなさん、こんにちは。
 新しく生まれた15号の影響がここ数日は西湘に及ぶかと思いきや、昨日今日と多少の波は立ちますが、穏やかな状況が続きます。
 透明度も思いの外悪くなく、それ相応に見えています。今朝にあっては10m弱はあったようです。
 水温も27℃とかなり暖かく、まさに夏の海です。
 透明度  4〜10m   水温  24〜27℃

〜生物情報〜
 ここ一番の今旬情報は、ニシキフウライウオの登場です。
 ついに来ました。去年はイバラタツ、今年はニシキフウライです。個人的には15年ぶりとなるでしょうか。
 生物的にやはり良い感じになってきました。まだまだこれからです。今後に期待が高まります。

 他ではアカホシカクレエビの赤ちゃんが出てきました。カザリイソギンチャクエビは増え続けています。
 コガネスズメダイの赤ちゃんも出始めています。まっ黄色の個体が鮮やかに映えます。
 そしてハタタテダイの赤ちゃんも少しずつ仲間を増やしています。そこに“南国の海”が出来上がりつつあります。

 今後台風の影響など気になることもありますが、海を豊かにしてくれることもまた確か、色々複雑な心境ではありますがじっくり見据えていくまでです。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆ な お き ☆  xoxo
 More Information → 〜なぎ・さ・らうんど〜
by airhyme | 2012-08-22 15:05 | ダイビング ログ

今日の石橋 2012/08/20

 逢う魔が時の止まぬ蝉時雨に、殊更日の短さ―晩夏―を感じるようになりました。☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 ここに来て海が荒れだしました。沖合いの13号のなごり―熱帯低気圧―、はたまた14号の影響か。暫くこのうねり続くやもと危惧しております。
 昨日まであんなに穏やかだったのに、なぜと疑問符の嵐です。
 海の色も手前から見る限りかなり濁りが入っているようです。

 今後の動向が気になるところですが、この状況が明けた時には素晴らしい潮そして生物が入っていることを期待したいと思います。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆ な お き ☆ xoxo
More Information →  ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2012-08-20 19:26 | ダイビング ログ

今日の石橋 2012/08/19

 さすがに夏だけのことはあって、毎日の潜水本数がやたらと多くなります。3本4本は当たり前、5本6本も想定内と、お蔭様でバタバタと忙しくさせて貰っています。その性(海の中にいる時間が長い)かどうかは定かではありませんが、今年の夏が果たして世に聞く“猛暑”だったのか否か判断しかねるところがあり、むしろ冷夏だったのではとさえ…☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。

 ここ数日の石橋、潮の巡りが怪しくなっております。この間まではかなりいい状態になっていたのですが、どこぞからか濁った潮が入り込んでしまっています。
 砂地に下りればそれなりに綺麗にも見えるのですが、いかんせん中層までの濁りが激しく茶色に映るほどでそのお陰で水の中はやたらと暗く感じられてしまいます。
 表面はべた凪で波一つなくベストコンディションに見えるのですが…。
 どうしちゃったのかな???石橋の海。
 透明度    2~7m      水温    24~26℃

 ~生物情報~
 イナダ、カンパチが単体でちらほら見られます。大きな群れに期待です。
 今期の目玉はやはりクマノミの赤ちゃんでしょう!!! 大量発生です。去年の数をとうに凌駕しています。今秋石橋はクマノミ天国間違いなしです。去年少なかったミツボシも今年は多いです。
 その他色々な稚魚が数多く見られます。その点では今が旬かもしれません。
 アオリイカのハッチアウトが大よそ終わりました。次は今の産卵期が終わった後になります。そちらも期待です。
 
 今の潮がどこで変わるかはわかりませんが、少なくともこの状態から更にいい潮が入れば、とても面白いことになるのでと、密かに楽しみにしているのです。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。
 
 by ☆ な お き ☆ xoxo
More Information →  ~なぎ・さ・らうんど~


 
by airhyme | 2012-08-19 20:37 | ダイビング ログ