ブログトップ

☆Diary☆ old air rhyme石橋ダイビング現地ガイドサービス

airhyme.exblog.jp

<   2012年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

今日の石橋 2012/10/31

 今日で10月も終わります。今年も残すところあと2ヶ月。寒くもなるわけです。☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 小さくて細かい低気圧が西から東へと次から次へと流れていきます。ここ数日お空はなかなかすっきりしないようですが、海もその影響を時折受けてしまいます。今日の海は朝方少しばかりのうねりが入りました。ただ徐々に収まりを見せ、穏やかになっています。これが明日には前線を残し沖合いの洋上に張り出します。その影響がどれくらい出るのかだと思われます。風は南西から少し強めになり、石橋にとっては神風となりそうですが…
 透明度は昨日と変わらずまずまずの状況、明日にも期待が高まります。
 水温はまた1度下がりました。
 透明度   10m弱        水温   21~22℃

 ~生物情報~
 先ずはフリソデエビ、健在です。今日もアカヒトデの足を抱えて元気にしておりました。その傍では昨日出会ったクリアクリーナーシュリンプも岩陰で今日も休んでおりました。彼はお仕事をしないのでしょうか…
 またその傍らのグビジンイソギンチャクではイソギンチャクモエビ、いつものように数匹で元気一杯お尻をフリフリしておりました。そしてそしてそのまた傍のグビジンイソギンチャクではアカホシカクレエビがすくすくと育っております。
 云わば今や甲殻銀座となっている平岩の広場からの岩壁の通路、そんな訳で結構熱い(厚い)です。

 そして中層ワイドの話題。
 今日もやってきましたワラサの群れ。数は先日より少し少なめでしたが100前後。あわせてカンパチもかなりいいサイズで10匹程回遊しておりました。
 上を見たり下を見たりと忙しい―うれしい悲鳴―一日でありました。

 まだまだ秋の海も序の口です。どうにもこうにも盛り上がってきました。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆ な お き ☆  xoxo
More Information →  ~なぎ・さ・らうんど~


 
by airhyme | 2012-10-31 20:36 | ダイビング ログ

今日の石橋 2012/10/30

 今宵はFull Moon!!! 秋の夜空に煌々と輝く満月。その輝きの透明感故にか、寒さもひとしおに感じられます。朝方にかけて少し雲が出てくるようです。小雨がぱらつくとのこと。☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 今日の石橋の海、予想通り穏やかな海となりました。
 透明度も昨日より幾分良くなった印象です。まだすっきりと抜ける程ではありませんが、水のよさは感じられます。
 水温はとりあえず22℃を維持しています。
 透明度   8~10m       水温    22℃

 ~生物情報~
 フリソデエビ、元気です。むしろ元気すぎるぐらいです。
 今日の彼ら、時に岩をよじ登り、そして時にその隙間をすり抜けて、身体より大きなアカヒトデの足を前後2匹で持ち合いズリズリと引きずりながら運び出し、逃避行の旅に出ておるところを見つけ出しました。そんな彼らちょっと健気感が漂っていて可愛かったです。
 毎日こんな追いかけっこをやっております。というか寧ろ振り回されています。その袖に…

 その振り回されついでに出会ったのが、クリアクリーナーシュリンプ。久々の出会いでした。クリーニングはせずにのんびり岩下で休んでおりました。写真には収められませんでしたが、とても綺麗なエビさんです。また次回写真に収めたものです。

 そんなこんなで一日エビさんたちとの“ふれあい”?で終わりました。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆ な お き ☆  xoxo
More Information →  ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2012-10-31 00:37 | ダイビング ログ

今日の石橋 2012/10/29

 見事な月が今宵の夜空に輝きます。日中の陸上における透視度18kmと出ておりました。☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 西から東に流れる低気圧の影響は暫しうねりとなって沿岸に及びます。
 今日は時折、うねりが入りますが、然程の強さは無いので大きな波とはなりません。明日には低気圧も北上します。穏やかな海が期待できそうです。
 透明度についてはやはりこのうねりの影響で若干浅瀬に濁りが生じています。ただ深度を取れば視界もかなり良くなります。
 透明度   3~10m      水温   22~23℃

 ~生物情報~
 何といってもここ一番はフリソデエビ(ペア)です。
 いまだ健在―皆さんのご尽力を賜りまして―です。
 ただ良く動きます。取り扱い注意です。
 
 そんなこんなで甲殻系は兎に角充実しています。
 アカホシカクレエビ、一時消えていましたが、また復活―定位置―です。イソギンチャクモエビ、兎に角今年は沢山見られます。イソギンチャクエビも同様。イソバナカクレエビ、ヤギに鈴なり変わりません。ウミシダにはコマチコシオリエビも見られます。今後まだまだ新たな出会いも期待できます。楽しみです。

 更に今日は中層でイナダの大群に遭遇しました。何百の数で囲まれました。咆哮しまくりの大迫力、3D360度大パノラマ圧巻の一幕でした。いよいよそんな季節がやって参りました。

 他ベニカエルアンコウなども健在。申し分ない生物状況です。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆ な お き ☆  xoxo
More Information →  ~なぎ・さ・らうんど~ 
by airhyme | 2012-10-30 00:50 | ダイビング ログ

今日の石橋 2012/10/26

 みなさん、こんにちは。
 今日の石橋の海、朝方には殆ど波も無く穏やかだったものの、午後からは風波が立ちだし少しざわついた感じになりました。ただ問題はなく概ね良好と言えると思います。
 透明度は潮の具合も良く、多少の白濁りは如何しても残りますが、陽射しも入って悪くは無いです。
 透明度   8~12m     水温   22~23℃

 ~生物情報~
 先ずは甲殻系。
 艶やかな容姿風合いを見せるフリソデエビのペアー。ただその所作は何とも不思議―見ようによっては可愛いとでも―実に形容し難い様相で、絶えず腕振りダンスをしております。
 その他イソバナカクレエビ、コマチコシオリエビ、イソギンチャクモエビ、イソギンチャクエビなど健在です。

 魚影としては中層のイサキ、マアジ、スズメダイ、水底近くではクマノミ、ミツボシ、ケラマハナダイ、キンギョハナダイ、ムレハタタテダイ、ナガサキスズメダイなどで賑わっています。

 またネッタイミノカサゴやミヤコキセンスズメダイ、クロメガネスズメダイなども健在。海中に華を添えます。

 まだまだ新しい出会いも期待できます。マクロからワイドまで楽しみは尽きません。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆ な お き ☆ xoxo
More Information →  ~なぎ・さ・らうんど~
 
by airhyme | 2012-10-27 02:24 | ダイビング ログ

今日の石橋 2012/10/25

 みなさん、こんにちは。
 今日の石橋は予想通り穏やかな海となりました。
 透明度に関しては、幾分白濁りは残りますが、潮の状態も良く、陽射しもあったことで悪くない印象です。
 水温はとりあえず安定しています。
 透明度  8~12m      水温   22~23℃

 ~生物情報~
 ここ最近注目していた甲殻類、期待に応えるが如くなかなかのレアものがやってきました。むしろようやく気付けたといったところのようです。すでにかなり成長しているようで、だいぶ前から居たのかもしれません。
 フリソデエビ参上!!タイムリーで貴重な情報を頂きました。そして確認済み。甲殻系“今旬”度更に上昇です。
 平岩の広場から近いところで、2番アンカーにつながる-10mの岩壁に差し掛かるところです。
 甲殻系益々熱く(厚く)なって参りました。いまや定番のイソギンチャクモエビ、イソギンチャクエビ、アカホシカクレエビ、イソバナカクレエビ、そしてコマチコシオリエビ等などもしかと健在です。

 またサザナミヤッコの幼魚も情報を頂きました。こちらはまだ確認はしていませんが、北エリアのゴロタ-4~5mラインの岩壁のようです。

 マクロからワイド、そして南方系の生物達と今年の秋の海は更なる出会いへと楽しみがより膨らみます。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆ な お き ☆  xoxo
More Information →   ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2012-10-26 01:49 | ダイビング ログ

今日の石橋 2012/10/23~24

 みなさん、こんにちは。
 うねりが残りますが、昨日程ではありません。徐々に収まりを見せています。
 このうねりの源は西から東に移動してきた低気圧を伴った前線。それがいまだ日本の北東洋上に残っていることにより、海が落ち着かないようです。
 明日からは高気圧が完全に張り出してくるので海況も好転して来ると思われます。
 水温は徐々にではありますが、下がっています。
 透明度   7~8m     水温   22~23℃

 ~生物情報~
 中層にはスズメダイの子供達が見事な群れをつくって回遊しています。
 いくつかの大きなグループがあって、代わる代わる目の前を通り過ぎていきます。更にその群れの密度が結構高いので近接して囲まれたとき迫力はなかなかのものです。しかもスズメダイの子供は体表が綺麗な白銀色、光に反射して輝いて見えるので幻想的に映り、美しいの一言です。

 また岩場ではキンギョハナダイ、ケラマハナダイ、ナガサキスズメダイなどが群れを成して華麗に舞っています。こちらも華やかなワンシーンとなります。

 マクロ系では甲殻類、ウミウサギ類など充実、かなり楽しめます。

 これから台風の時期も終盤となり海もいよいよ落ち着いてきます。そして秋の雰囲気も全開となります。楽しみです。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆ な お き ☆ xoxo
More Information →  ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2012-10-24 20:31 | ダイビング ログ

今日の石橋 2012/10/21

 みなさん、こんにちは。
 さて今日の石橋は、昨日までのうねりもようやく収まり快適な海況となりました。
 ここ最近では一番なコンディションだったかと思います。
 水温は少し下がりました。
 いよいよ秋の海らしい雰囲気が海中に漂います。
 透明度  8~12m     水温  22~23℃

 ~生物情報~
 台風明けての今日の海、中層に浮かぶ魚影は密に映ります。
 マアジ、スズメダイ、イサキ、時にブリに近いワラサ。なかなか賑やかです。
 岩場水底近くではキンギョハナダイやスズメダイの子供達に紛れてクロユリハゼの子供やなんとケラマハナダイの幼魚なんてのが、しかも数匹、混ざっていました。さすがに綺麗ですね南方系ハナダイ。見惚れてしまいます。
 ネッタイミノカサゴ、定位置で健在。
 クマノミやミツボシクロスズメダイもモチのロンで健在。しかもまた赤ちゃんが増えていました。もはや大所帯です。何てことでしょう、びっくりです。
 浅瀬ではミヤコキセンスズメダイ、クロメガネスズメダイいまだ輝いています。
 ベニカエルアンコウも2匹定位置です。

 マクロ系の話。
 まず甲殻類、イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、アカホシカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソバナカクレエビオススメのマストアイテムはしっかりと“定番”でした。
 ウミウシでは久しぶりにコイボウミウシと遭遇。ムカデミノウミウシの赤ちゃんは今年も性懲りも無く大量発生中です。
 ガラスハゼ、相変わらず沢山います。みなさん元気いっぱいです。
  
 なかなか挙げていったら限が無いです。とにかく充実しています。秋コレクション。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information →  ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2012-10-21 20:40 | ダイビング ログ

今旬Pics ― イソバナカクレエビ

 ようやく明日には海も収まりそうです。

 a0263982_21462517.jpgエダムチヤギに擬態しているイソバナカクレエビ。なにやら一見赤い豆粒か何かの虫のようだ。
 ところが良く見てみるとちゃんとしたエビの形。光を反対側から当ててみると良く分かる。a0263982_21471838.jpg
 体の大きさは、この写真の子で鼻の先からお尻の先までで1cm弱と、非常に小さい―とは言えこれでも“大きい”と言うのがこの世界―。にも増して体がスケルトンタイプ。体の中が完全に透けて見えてしまうほど。実際普通に目に入るのは体の中身、赤い部分だけ。豆か虫かそれ以下だ。しかも宿主の色合いにそっくりに出来ている。なかなかの忍び具合。注目度は遥かに低い。更に言うと宿主の色に合わせ色彩も変化出来るようで、そこはなかなか実にクレバーな生命体というわけだ。
 小さいものではミリの単位なかなか渋い世界だが、時に彼らは鈴なりにヤギにくっ付いている事がある。それを見て―いや一個体でも―テンションが上がりそうな人には是非お勧めしたい。しかも一固体一固体ちゃんと見ればなかなかの美しさ、ガラス細工を思わせる。
 因みに最近の個人的なお気に入りはシロアザミについている白い子。またご紹介できる日があればとは思う。お嫌でなければ…。

 by ☆ な お き ☆  xoxo
More Information  →  ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2012-10-19 21:41 | 生物情報 pics

今日の石橋 2012/10/16

 ここ数日地上は仄かな温もりすら感じられるほどに陽射したっぷりの陽気が続きます。ただ、日本列島の周りは低気圧だらけ、完全に包囲されているのです。この機に台風もドンドンやってきます。ここぞとばかりに容赦なく。ここは堪えどころです。☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 昨日からの今日、状況は一転いよいよ海は荒れてきました。先ずは22号と低気圧を伴った前線の影響と見られます。
 まだ強いうねりではないので然程大きな波にはなりませんが、台風が決して遠くないことを察することが出来ます。
 透明度はこの海況にしてはまずまずの状況、潮の良さを感じることが出来ます。
 透明度   7~8m       水温   23~24℃

 ~生物情報~
 先ずは今旬の甲殻系話しから。
 イソバナカクレエビ、昨日見つけたシロアザミに着く白の固体はなかなか良いですね。今日も会ってきました。大きさは1cm弱でなかなかしっかり観察できます。フトヤギやアカヤギ等に着いている赤い方もかなり大きくなっています。特にアミメアカヤギの固体たちは判りづらいですが、鈴なりでこれはこれで一興(⇒一驚)です。
 アカホシカクレエビ、イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビは確実に増えています。

 “鈴生り”つながりで、ガラスハゼ。フトヤギやエダムチヤギにかなりの数ついています。

 ワイド系では今日一番はワラサです。もうブリと言ってもいいほどの大きさで結構な迫力で迫ってきました。吐く泡を小魚だと思うようです。数匹の小群ではありますが、やはりそれなりの見応えです。

 ベニカエルアンコウ、今日は久しぶりに2固体。
 もちろんクマノミ、ミツボシは今日も健在です。
 ネッタイミノカサゴも2固体になって健在。良い感じです。

 今度の台風でまた動きがあるとは思いますが、良い様に傾いて貰えればと思うところです。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information  →  ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2012-10-16 18:45 | ダイビング ログ

皮肉にも… 今日の石橋 2012/10/15

 みなさん、こんにちは。
 台風21号22号と日本の南の洋上に控えながら、更には前線が東の沖合いに停滞しその上低気圧が北東の海上に2つも鎮座しているのにも拘らず、今日の石橋は昨日一昨日とは打って変わってここ一番のコンディション。うねりも風波も無く穏やか、しかも水がめちゃくちゃ澄んでいます。今日は悲しいかな海に入っていないので、上からの感想ですが、明らかに透けています。
 土日明けで海がベストコンディションとは恨み節の一つぐらい呟きたくなります。

 さて今後の台風等の影響、どのようになっていくのでしょうか。今日の状態を目の前に見ながら、予測するのも難儀な話です。明日には何らかの動きがあるのではと思います。

 そんなこんなで皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆ な お き ☆ xoxo
by airhyme | 2012-10-15 21:31 | 海のお話、とか