ブログトップ

☆Diary☆ old air rhyme石橋ダイビング現地ガイドサービス

airhyme.exblog.jp

<   2012年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

今日の石橋 2012/12/30

 今年も残すところあと1日。今日は大晦日イブ―そんな言い方があるかどうかは知りませんが―。なんとかキッチリ今年を締めたいものです、と思いながら年賀状がまだ書き終わらない…到着遅くなります。すみません。ここで謝っておきます―☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 さて年の瀬も押し迫った石橋の海、面は穏やかながらうねりが入り、多少波が立ちます。今後の動向に注意が必要かもしれません。
 透明度はここ連日の雨の影響が少しばかり出ているようです。白く濁った感じが幾分強くなった印象です。
 透明度   10~12m       水温   15℃

 ~生物情報~
 やはりハナタツ姿を消しました。昨日海が荒れたのが影響したようです。
 同じようにネンブツダイやマアジなどの群れも少し散らばった印象を受けます。密度の点で少し物足りない感じがしてしまいます。

 この時期らしく岩肌でヒョウモンダコが結構見られます。しっかり擬態しているので見落としがちですがくれぐれも噛まれないように。

 クマノミ、ミツボシは相変わらず元気です。
ネッタイミノカサゴ(yg)にも久方ぶりに出会いました。

 イロカエルもほぼ定位置で無事を確認。

 ウミウシではタテヒダイボウミウシ、アデヤカミノウミウシを確認。キイロウミコチョウの情報も頂いています。更に未確認ながら新規でミノウミウシ系の話題も。

 ウミウサギではスミレコボレバケボリ、ホリキヌヅツミ、ベニキヌヅツミを確認。

 甲殻系ではコマチコシオリエビ(白/黒)、クシノハカクレエビ―かなり大きく成長しています―、イソギンチャクモエビ、イソギンチャクエビ等確認しております。

 以上今日の情報でした。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information →  ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2012-12-30 23:58 | ダイビング ログ

今日の石橋 2012/12/28

 いよいよ今年も終わりが差し迫ってまいりました。今年最後の週末を迎えます。海岸線の下り道はもうすでに大渋滞。のぼりはスカスカです。☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。

 今日の海も見事に穏やかでした。透明度も変わりなく良好です。
 透明度   10~15m     水温   15℃

 ~生物情報~
 今日は殆どダンゴウオ探しに終始しました。
 北の端から平岩の広場まで。
 しかしながら見つからず。そもそも毎年そう簡単には見つからないのです。じっくり行くしかありません。兎に角も何かしら来年への手がかりが―実績としても―欲しいところではあります。

 さてその他の確認情報。
 センターのイソギンチャクエビはやはり消えていました。
 ミツボシだけがわんさか残っております。

 キンギョハナダイも負けじと群れをつくっています。華やかで綺麗です。たかがキンギョハナダイされどキンギョハナダイ、侮る無かれ。なかなかのものです。

 クマノミも健在です。オチビちゃんも頑張っています。

 ハナタツ、今日も居ました。かなり浅いところなので危うさはあるのですが、海が穏やかなので助かっています。

 トラフケボリ数固体確認しました。
 シロオビキヌヅツミも確認。

 イソギンチャクモエビ、コマチコシオリエビはまだまだ残りそうです。むしろ新たな固体も確認できました。
 この水温でなかなかしぶといです。

 そして南方系深海性魚ホウセキキントキとはここ石橋では初めてのご対面でした。

 以上そんなところです。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2012-12-28 19:47 | ダイビング ログ

今日の石橋 2012/12/27

 クリスマスも終わり一気に正月ムードが盛り上がっている街並みです。☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 今日も穏やかな海です。
 透明度は多少白濁りが出ていましたが悪くは無いです。水も青味を帯びているので綺麗な印象が残ります。
 透明度  10~15m     水温  15℃

 ~生物情報~
 とりあえず目に入ったものからいきます。
 
 ネンブツダイの群れは相変わらず帯状にのび、その密度もなかなかのものです。
 ただ今回それ以上に特筆したいにはマアジの群れ。今年の初頭にあった“アジ玉”の状況を再現するかのようにそこそこのサイズ(20cm弱)のマアジたちがガッチリ群生を作っていました。このまま残れば正にあのときの再現になるのではと思います。

 マクロネタ。
 イロカエルアンコウ健在です。
 ウミウシではタテヒダイボウミウシ、セスジミノウミウシ、アデヤカミノウミウシを確認。
 ウミウサギではスミレコボレバケボリ、ホリキヌヅツミ、トラフケボリと健在です。
 甲殻系。コマチコシオリエビ、イソギンチャクモエビ、イソギンチャクエビ―センターのロープ脇にいたイソギンチャクエビの番は居なくなったとのこと―が見られています。
 魚ではハナタツ、ハナミノカサゴ(yg)、ベニカエルアンコウ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイと定番のオススメアイテム確認できています。

 最近少し気になること。
 ヤギ等のソフトコーラルが結構傷んでいて、砂地に落ちていたり、折れていたりと痛々しい状況になっています。アレを見るとフィン先まで気をつけなければいけないなと改めて思うのです。
 その点海藻達はたくましく岩肌を埋め尽くしていくのですけどね。

 そんなこんなで皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2012-12-27 22:51 | ダイビング ログ

今日の石橋 2012/12/24

 メリークリスマス!!!今日は本当に―にわかながら―ホワイトクリスマスになりました。朝は氷で車が真っ白、夕方には粉雪がぱらつき… 何だかんだ言って結局雪が降ると―不覚にも―盛り上がっちゃうものですね。☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 さて今日の海は昨日からの流れをしっかり受け継いで、ここ一番の透明度になりました。再三で恐縮ですが、“いつ潜る?今でしょ!!!”(例のパクリです) 多少の白濁りは残るのですが、水は青く透けています。
 透明度  15~20m     水温  15℃

 ~生物情報~
 今日はほとんど中層を流す感じに。
 群れを中心に回って参りました。
 ネンブツダイ、キンギョハナダイ、スズメダイ、ムレハタタテダイ、イワシ、ミナミハタンポ、ミツボシクロスズメダイ、マアジ、メジナと言ったところで、よく群れています。

 細かいところでは、ハナタツ、イロカエルアンコウ、ネッタイミノカサゴ、クマノミ(yg)、クロアナゴ、タテヒダイボウミウシ、アデヤカミノウミウシ、トラフケボリ、ホリキヌヅツミ、久しぶりにクシノハカクレエビ、イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビと言ったところを見てきました。
 今回はマクロ系やや薄めになりましたが、たまには悪くないですね、こんなのも。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2012-12-24 19:08 | ダイビング ログ

今旬Pics ― ヒラメ

別の生き物のようにキョロキョロと動く目
a0263982_2251276.jpg
岩の上に潜み虎視眈々と
a0263982_2301566.jpg
His style of life God gave him.
彼の目に映る世界に今僕もいる 水面の青き揺らぎを背に受けて

お邪魔しています

 by ☆な お き☆ xoxo
by airhyme | 2012-12-23 23:20 | 生物情報 pics

今日の石橋 2012/12/23

 いよいよ明日はクリスマス・イブ。ホワイト クリスマスになるでしょうか。まぁ、どっちでもイイ☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 今日の石橋の海は昨日からのうねりが少し残りましたが、午後には持ち直し穏やかな海況となりました。それと並行して透明度も回復の一途を辿り、そこそこの貫け具合となりました。
 透明度  3~5m→10~12m      水温  15℃

 ~生物情報~
 良くも悪くも、ここ数日出入りが激しくなっております。
 まずイロカエルアンコウ戻ってまいりました。
 フリソデエビ、脱走中。
 ハナタツ、久々の登場。

 中層にネンブツダイが溜まっています。
 キンギョハナダイも増えた印象です。
 特に南エリアはゴロタの浅いところでイシダイやスズメダイ等の群れも目立ち、賑やかになっています。
 80cm位のクエも姿をチラリと見せていました。

 マクロのお話。
 ウミウシではアデヤカミノウミウシ、タテヒダイボウミウシ、セスジミノウミウシ、ヒロウミウシ出ております。
 ウミウサギではヒナコダマウサギが早々に姿を消しましたが、スミレコボレバケボリ、ホリキヌヅツミ、トラフケボリ、ベニキヌヅツミは健在です。
 甲殻系では今の個人的オススメ&お気に入りNo1となりましたコマチコシオリエビ白黒ベイビー健在。その他イソギンチャクモエビ、イソギンチャクエビ、イソバナカクレエビなども元気です。

 さてそろそろダンゴウオ欲しいですね。何とか探し出して見せます。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~ 

 
 
 
by airhyme | 2012-12-23 20:42 | ダイビング ログ

今日の石橋 2012/12/21

“完全なる冬”と言ったところでしょうか。とにかく“一陽来復”これ以上悪いことは起こらない、後は昇るのみ、です。☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 今日の海も穏やかな海況となりました。透明度は昨日と変わらず、多少の白濁りが残ります。
 水温、遂に15℃をマークしました。例年より推移が低目かもしれません。
 透明度  10m前後     水温  15℃

 ~生物情報~
 ネンブツダイが少し上の方に陣を取る様になりました。
 逆にミツボシクロスズメダイやクマノミはイソギンチャクに近いところで群れをつくっています。ただこちらのほうが以前より群れ感が出て写真には収めやすいかも…背景も青く抜ける時期ですし画になります。
 それはそうとクマノミのチビ助がまた増えています。こんな時期に。おかしなことになっています。

 マクロの話題。
 コマチコシオリエビの黒白復活していました。(良かったッ!)
 クモガニ、アカホシは駄目です。
 フリソデエビは健在です。

 久しぶりにタテヒダイボウミウシ再び登場。気まぐれですね。触角が出ていなかったのが少し残念。

 昨日見つけたムラクモコダマは、よ~く見るとヒナコダマウサギかもしれません。この両者見分けがちょっと難しいです。しかも小さいので。断定し辛いところですが… だとするなら石橋初観測です。
 他スミレコボレバケボリ2固体、ホリキヌヅツミ2固体、トラフケボリ多数、ツグチガイ、ベニキヌヅツミ。

 今日はイロカエルアンコウ不発でした。どこかふらついているようです。いずれ戻るとは思います。

 水温もいよいよ冬の感です。そろそろダンゴウオのお声が掛かりそうです。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆  xoxo
More Information  →  ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2012-12-21 19:43 | ダイビング ログ

今日の石橋 2012/12/20

 寒さが一際厳しく感じられるようになりました。☆な お き☆です。みなさん、こんにちは。
 今日の石橋の海はまずまずのコンディション。落ち着きを取り戻し殆ど凪の状態です。
 透明度は若干白濁りが残りますが、潮は多少青味を帯びたような印象で悪くはありません。
 水温は変わらずです。
 透明度   10m前後       水温   16℃

 ~生物情報~
 また今回もマクロネタから失礼します。
 先ずはウミウサギのお話です。
 久しぶりにムラクモコダマウサギに出会いました。大きさはまだ1cmにも満たないところですが、長居をしてくれることを願います。
 ホソエダトゲトサカの少し奥まったところに張り付いているのがかえって写真の撮り方、見方によって背景の彩りと相まって綺麗に映ります。
 他スミレコボレバケボリ、トラフケボリ、ホリキヌヅツミ、ベニキヌヅツミと健在です。

 甲殻系はうねりの影響を多少受けたようです。
 コマチコシオリエビが姿を消しました。そしてクモガニもまた復活ならず。
 フリソデエビはこの寒さの中でもなんとか頑張って健在です。城が変わって多少慣れたでしょうか。
 
 ウミウシではキイロウミコチョウ、ヒロウミウシ、セスジミノウミウシなど見られています。

 イロカエルアンコウは定位置。
 
 このままもう少し海が落ち着けば生物も多少動きを見せてくるのではと思うところです。
 
 それではこの辺で。皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆  xoxo
 More Information  →  ~なぎ・さ・らうんど~

  
by airhyme | 2012-12-20 20:17 | ダイビング ログ

今日の石橋 2012/12/17

風にも様々な“風”と言うものがあるようです。もとよりどんな風であれ、いずれ世の流れ時の流れにうつろうものと心得ます。時にここ石橋にあっては西よりの風が殊更心地好く感じられるところではありますが… ☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
昨日のうねりはほとんど収まり、落ち着きを取り戻したようです。透明度は若干落ちたようではありますが、早々に回復は見込めると思います。

~生物情報~
“神セブン”個人的お気に入りのクモガニさん、消えてしまいました。単なるお出掛けならば、良いのですが。もともとあまり動きのないカニだっただけに少し心配です。
他甲殻系(クシノハカクレエビを除いて←多分大丈夫)はとりあえず確認出来ています。アカホシカクレエビはやはり見つかりません。
勿論フリソデエビは新居にて健在です。

ウミウサギではスミレコボレバケボリ、ホリキヌヅツミ、トラフケボリ、ベニキヌヅツミと変わらず元気です。

イロカエルアンコウも全くの定位置。ただ気になるのはストレスでしょうか、カエルアンコウ特有の瘤が出来ています。
またベニカエルアンコウについては情報を頂いています。

その他ネンブツダイ、ムレハタタテダイ、マアジ、キビナゴなど中層も賑わい、充実した海が続きます。お楽しみ下さい。

それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2012-12-17 08:40 | ダイビング ログ

今日の石橋 2012/12/13

 みなさん、こんにちは。
 石橋の海、絶好調です。
 透明度的にはまだまだ伸びしろは期待出来るところですが、兎に角も海が穏やかで潮の青味が綺麗に映ります。
 透明度  15~20m      水温   16℃

 ~生物情報~
 ワイド的には中層マアジ、イサキ、スズメダイとなかなかの群れ具合で行き交います。
 ネンブツダイは水底近くのところでゴロタと砂地の際沿いに魚影の帯を作っています。
 この透明度だとやはりなかなか壮観です。

 マクロネタです。
 今回は確認出来たものの名前をオススメから羅列してみます。
 甲殻系からフリソデエビ、イソギンチャクモエビ、イソギンチャクエビ、クモガニ、コマチコシオリエビ。
 ウミウサギではスミレコボレバケボリ、ホリキヌヅツミ、ベニキヌヅツミ。
 ウミウシ。セスジミノウミウシ、アオウミウシ。
 お魚関係。イロカエルアンコウ、クマノミ ベイベー。
 今回は少し流し気味で泳いだのでこんなところです。

 余談ですがフリソデエビ脱皮して少しは大きくなったようです。でも触角がちょっと傷んでいました。とは言えアカヒトデにかぶりつきで元気にしてはいます。
 コマチコシオリエビも徐々に大きくなっています。

 ホリキヌヅツミ2固体目のベイビー、居場所を再確認出来ました。これで間違いなく2固体ご紹介できます。

 イロカエルアンコウ、ここ最近全く動きません。完全定位置です。そして斑紋がはっきりとしてきました。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆  xoxo
More Information →  ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2012-12-14 23:54 | ダイビング ログ