ブログトップ

☆Diary☆ old air rhyme石橋ダイビング現地ガイドサービス

airhyme.exblog.jp

<   2013年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今日の石橋 2013/02/25

 石橋の海、まずまずの状況が続きます。
 多少の白濁りは否めないところですが、然して気になるほどでもなく水も青味があるので悪い印象は残りません。
 水温も変わらず14℃です。
 透明度   10~12m      水温   14℃

 ~生物情報~
 イロカエルアンコウはやはり見つかりません。残念。

 ハナタツは健在です。少しずつですが大きくなっています。いまや10cm以上あります。

 ベニカエルアンコウは赤、白、オレンジの3固体確認しています。

 クマノミも頑張って越冬中。

 甲殻系ではコマチコシオリエビ、チュウコシオリエビ、イソバナカクレエビを確認。

 ウミウシはハナオトメウミウシ、カメキオトメウミウシ、アオボシミドリガイ、キイロウミコチョウ、サラサウミウシ、ヒロウミウシなど見られるようになっています。

 ウミウサギはスミレコボレバケボリ、ホリキヌヅツミ、ベニキヌヅツミ、トラフケボリと健在です。

 ワイド系ではアオリイカの遊泳が楽しめます。

 それなりにこの時期としては充実はしていますが、あとはダンゴウオですね。
 そろそろだとは思いますが。

 それでは、皆様またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information →  ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2013-02-26 15:24 | ダイビング ログ

今日の石橋 2013/02/24

 みなさん、こんにちは。
 今日も石橋の海はまずまずのコンディションです。潮も昨日より白濁りがやわらぎよく見えています。
 透明度   10~15m      水温   14℃

 ~生物情報~
 ハナタツはいつものところで見つかるも、イロカエルアンコウは又しても所在不明となりました。
 果たして今度は何処に消えていったのやら…

 ベニカエルアンコウは3固体、赤、オレンジ、白です。

 クマノミはやはり1匹消えました。ただ他は健在です。頑張れ、春はもうそこです。

 ウミウシの話題です。
 今日のウミウシはキイロウミコチョウ、アオボシミドリガイ、ハナオトメウミウシ、カメキオトメウミウシ、サラサウミウシ、そして久しぶりの登場アデヤカミノウミウシです。

 甲殻系では一押しコマチコシオリエビ健在です。他ではこちらも久方ぶりでアカスジカクレエビ確認です。

 ウミウサギでも定番ものは健在です。

 いよいよ満月です。このあとにダンゴウオ、期待したいところです。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆  xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~

 
by airhyme | 2013-02-24 20:11 | ダイビング ログ

今日の石橋 2013/02/23

 みなさん、こんにちは。
 今日の石橋の海も良い感じです。
 透明度は昨日に比べて若干白く濁った感は否めませんが、悪くはありません。
 水温は変わらずで良い塩梅です。
 透明度   10~12m      水温   14℃

 ~生物情報~
 いつもの出だしになりますがハナタツ、イロカエルアンコウ健在です。

 クマノミが一匹、一番小さい赤ちゃん、絶命したようです。春を目の前にあともう少し寒さに耐えれなかったのですね、きっと。残念。

 ベニカエルアンコウは久しぶりに確認できました。

 甲殻系ではコマチコシオリエビが1ペア姿が見えず。はじめから居た黒/黄色の固体です。
 他の固体たちは元気なようでした。因みに現在3ペアを確認しています。
 イソギンチャクモエビも居なくなっていました。何処に行ってしまったのか。
 チュウコシオリエビは色々なところで活躍中です。見るところ見るところで顔を見せています。
 
 ウミウシ関連でハナオトメウミウシ、オトメウミウシ、カメキオトメウミウシ、キイロウミコチョウ、アオボシミドリガイ、ヒロウミウシ、サラサウミウシ、アオウミウシといったところが今日の成果です。

 ウミウサギでは久しぶりにツグチガイに出会いました。
 他定番ものは変わらず健在です。

 今日のところは以上です。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
 More Information →  ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2013-02-23 23:40 | ダイビング ログ

今日の石橋 2013/02/21~22

 肌にはいまだ凍みる余寒はあれどご近所周りではほんのりとした甘さをおぼえる芳しい香りが仄かに漂います。梅の蕾が僅かながら淡い白色の花びらを綻ばせはじめました。満開になった梅もいいのですが、丁度今時分の梅が一番好きかもしれない☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 さて石橋の海は透明度良いです。ストレスの無い青味の掛かった水の中をダイブすることが出来ます。
 水温もまずまずで気持ちが緩みます。
 透明度   15m前後      水温   14℃

 ~生物情報~
 ハナタツにイロカエルアンコウ、健在です。
 イロカエルは元の場所からはかなり動いてしまいましたが、現在はほぼ定位置です。

 ウミウシが賑やかになってきました。
 キイロウミコチョウとアオボシミドリガイは相変わらずの数ですが、他にはオセザキオトメ、ハナオトメ、オトメウミウシ、サガミミノウミウシ、ヒブサミノ、コガネミノ、ヒロウミウシ、サラサウミウシ、アオウミウシなど目に付くようになりました。
 今後が益々楽しみな感じです。

 甲殻系ではやはり外せないコマチコシオリエビ、見ていてなんか楽しいのです。なんか。
 チュウコシオリエビも健在です。更に久しぶりにご対面だったのがナガレモエビ。嫌いではないです。他にはイソバナカクレエビ、イソギンチャクモエビ、カザリイソギンチャクエビなども元気です。

 ウミウサギ関連ではスミレコボレバケボリ、トラフケボリ、ホリキヌヅツミ、ベニキヌヅツミといったところです。

 そしてダンゴウオは今日も駄目でした。明日こそは…

 それではまたのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2013-02-22 19:39 | ダイビング ログ

今旬Pics ― マルガザミ

a0263982_2353463.jpg揺ら揺らとうねりになびくスナイソギンチャクの触手、その隙間から恐る恐るこちらを窺うかのような視線
こちらはこちらでその隙間に見え隠れする彼の姿に視線を返す
a0263982_233281.jpg時に身動ぐもそこから出てくることは殆ど無い
ややもすれば砂に潜って身を潜めてしまう

目の前に揺れるイソギンチャクの触手は云わば“鉄壁の楯”絶対防御
それ越しに交わす数分の睨めっこ


そこには無言の会話が生まれるとか生まれないとか…
先ずはお試しあれ

by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2013-02-21 01:49 | 生物情報 pics

今日の石橋 2013/02/17

 みなさん、こんにちは。
 今日の石橋の海、多少うねりにより波は立ちましたが殆ど問題ないレベルです。
 透明度はなかなかの状態でした。一所の緑がかった濁りは取れ水も青味を取り戻した感があります。
 水温も1℃上がり先日までの冷たさは幾分抑えられた印象です。
 ここに来て“雨降って地固まる”ではないですが、多少海が荒れたことで潮の入れ代わりがあったようです。
 透明度   10~12m      水温   14℃

 ~生物情報~
 先ずは朗報、イロカエルアンコウ見つけました。多少もとの位置より離れています。
 ハナタツも健在なので、2Top復活です。

 マクロネタ甲殻系の話題です。
 コマチコシオリエビ、チュウコシオリエビ、マルガザミ、イソバナカクレエビと見れています。
 特にコマチは数匹出ていて安定しています。

 ウミウシでは、ハナオトメウミウシ、アオボシミドリガイ、キイロウミコチョウ、クロヘリアメフラシ辺りがここ最近の主力です。

 ウミウサギは変わらず定番アイテム、スミレコボレバケボリ、トラフケボリ、ホリキヌヅツミ、ベニキヌヅツミと出ています。

 他クマノミ、ケラマハナダイ、ネンブツダイの群れ、アオリイカが確認できます。
 あとチョイ推しのユウダチタカノハの子供も元気です。あわせてオキゴンベの子供達も押しです。
 またネコザメ、ドチザメの情報も出ています。この季節ならではの楽しみではあります。

 兎にも角にも次はダンゴウオ、姿を現して欲しいところです。結局のところこれでは去年と同じパターンですね

 そんなところで皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な  お  き☆ xoxo
MOre Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2013-02-17 19:36 | ダイビング ログ

今日の石橋 2013/02/14

 今日は恋する女子の皆さんもはたまた焦がれる男子の皆さんもドキドキな一日を過ごせたのでしょうか。ときめきは心身ともに良薬なのだそうですよ。☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 さて今日の石橋の海はまだ多少のうねりが残ります。時折波も寄せますし、海中にも揺れが伝わります。
 透明度は相変わらずの状態、少し早い春の濁りということなのでしょう。
 水温も状況としては変わらずです。時折冷たい潮を感じます。
 透明度  5m前後     水温   12~13℃

 ~生物情報~
 今日は南のブイ下限定情報です。
 とは言っておきながらハナタツは確認しました。今でもがっつり健在です。

 とりあえず朗報というか、ケラマハナダイがまだ残っています。
 20匹程度のキンギョハナダイと一緒に5、6匹の固まりになって一所で泳いでいます。
 成長もしていて少し驚きました。

 また中層で群れるネンブツダイは依然まとまりは無くとも結構な賑わいをみせています。

 マクロ系ネタ、先ずは甲殻類の話。
 コマチコシオリエビ健在です。数匹確認しています。
 マルガザミも今日はスナイソギンチャクと共に顔を見せていました。
 チュウコシオリエビも出ています。

 ウミウサギでは今や定番スミレコボレバケボリ、ホリキヌヅツミ健在です。

 そして今回最も注目したいのはウミウシ関連。
 先ずはアオボシミドリガイ。気が付いたらそこら中、“だらけ”です。
 そして今後期待が持たれるオトメ系。
 オトメウミウシ、ハナオトメウミウシ出ております。
 アデヤカミノウミウシも確認。
 キイロウミコチョウも健在、数出ております。

 今回の特にマクロネタ、個人的にはこの冬の注目アイコンとして期待を寄せたいところです。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆  xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2013-02-14 22:14 | ダイビング ログ

今旬Pics ― ユウダチタカノハ(yg)

a0263982_2143014.jpgユウダチタカノハという魚の幼魚
漢字で書くならば『夕立鷹ノ羽』となるようだ
なかなか洒落た名前を授けたものだ
その姿形からか『鷹ノ羽』(=鷹の羽根)とは堂に入っている
“夕立に濡れる鷹の羽”を思わせたのだろうか
a0263982_2184399.jpg取り立てて派手さは無いがなかなかの趣はある
決して人気があるとも言えないがどこか人の気を惹くものは持ち合わせているかのよう
“鷹の羽根”も大人のものとなれば威風堂々たる気配を醸し出したりもするが
まだ小童の羽根、ひらはらとどこか頼り無げにそよぐ様はあどけなさに溢れ健気にすら映る

子供というものはいずれの世界であっても変わらぬものとしみじみと安らぎにも似た安堵感に包まれる


by ☆な お き☆ xoxo
by airhyme | 2013-02-13 23:15 | 生物情報 pics

今日の石橋 2013/02/11

 みなさん、こんにちは。
 今日の石橋の海は午前中穏やか午後より多少の風波が出て表面がざわつく感じになりました。ただ海の中にまで影響が及ぶほどでは無かったようです。
 透明度はいまだ回復の兆しありません。
 水温はほぼ変わりなかったようですが、一時的に12℃の箇所もあったようです。
 透明度   3~5m      水温    12~13℃

 ~生物情報~
 今回は完全にマクロ中心の情報です。

 まずはハナタツ、健在です。

 ベニカエルアンコウは2固体確認。

 クマノミも何とか耐え凌いでいます。

 甲殻系ではコマチコシオリエビ(黒/黄)、チュウコシオリエビを確認。

 ウミウシはキイロウミコチョウ、オセザキオトメウミウシ、アオボシミドリガイ、クロヘリアメフラシと出会うことが出来ました。

 ウミウサギではトラフケボリとシロオビキヌヅツミの確認だけで終わりました。

 今回は少し品薄ですが、ウミウシで多少ネタを穿れました。ウミウシは今後に期待をしているのでこれからが楽しみなジャンルです。

 それでは今日はこの辺で。

 皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆  xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2013-02-11 19:56 | ダイビング ログ

今日の石橋 2013/02/10

 みなさん、こんにちは。
 今日の石橋の海は穏やかでとても良い感じでした。ただ透明度はここ数日間変わることなく所謂“春濁り”の兆しともとれる状況になっています。
 水温も取り立てて変わらずです。
 透明度   5~7m       水温   13℃

 ~生物情報~
 イロカエルの所在いまだわからず。果たして何処へやら。
 ハナタツはほぼ定位置、こちらは落ち着いています。

 マクロネタです。
 今日のネタとして個人的に魅かれたのはユウダチタカノハの赤ちゃん。
 ここ最近季節の巡りが多少前倒しになっている感があることとして、些か―オキゴンベ等―幼魚の数が多いことが思い当たりますが、この子もまた例に漏れずといったところでしょうか
ひょっこり現れました。 オキゴンベもそうですがなかなか可愛いですよ。今のところ一固体だけなので割りと貴重かもしれません。

 ウミウシでは気になったものとしてミルクオトメウミウシでしょうか。ぼちぼち出始めるでしょうか、この系統。少し早いような気もしますが。
 ほかキイロウミコチョウは相変わらずの数です。
 また久しぶりにセスジミノウミウシにも出会いました。

 ウミウサギではとりあえずスミレコボレバケボリ、ホリキヌヅツミを確認。

 甲殻系はマルガザミ、ヒットしました。スナイソギンチャクが出ていれば今のところ100%見ることが出来ると思います。その他は今回スルーしました。

 最後ワイドネタを2、3。
 ネンブツダイの群れまとまりには多少欠けますが、なかなかの混み具合です。
 スズメダイの群れも中層で確認来ます。
 ネコザメ、ドチザメの情報もこの時期らしく上がっています。
 
 以上レポートでした。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆  xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2013-02-10 19:41 | ダイビング ログ