ブログトップ

☆Diary☆ old air rhyme石橋ダイビング現地ガイドサービス

airhyme.exblog.jp

<   2013年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

今旬Pics ― スウィートジェリーミドリガイ

a0263982_20305031.jpg“スウィートジェリー”
この言葉の響き
否応なく甘~いかおりがする
今にも口の中にsweetでjellyな感じが漂ってきそうなのだ

a0263982_20315238.jpgスウィートジェリーミドリガイというウミウシ
今が旬であり同時にどうにも気になってしまう
ゴクラクミドリガイ(このネーミングにもちょっとした衝撃を覚えるが)の仲間
決してレアもの(希少種)ではないが然して固体数が取り立てて多いわけでもない
岩壁の藻等に埋まっていて見つけ難いこともままある
a0263982_20323136.jpg
惹かれるのはこの何ともいえない程に曖昧で不思議な色合い
―固体を形付ける輪郭さえもまた薄く感じさせられる―
触角のオレンジが印象的に引き立つのも悪くない

スウィートジェリーとはよく言ったものだ
果たして美味かどうかは各々御賞味頂ければと…

by ☆な お き☆ xoxo
by airhyme | 2013-04-30 21:38 | 生物情報 pics

今日の石橋 2013/04/29

 ゴールデンウィーク前半戦、如何お過ごしでしょうか?暖かく海も穏やかな最高のダイビング日和が続いています。とても良い感じです。☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 今日の石橋も勿論穏やかな海です。べた凪であります。ただこの時期大潮のド干潮には少しばかり泣かされます。そんな訳で久しぶりの第三(俗称“平城ロード”)エントリーエキジット口復活です。
 そして海の中は透明度まずまず、水温まずまずと言ったところでしょうか。悪くは無いです。
 透明度   10m前後     水温    16~17℃

 ~生物情報~
 今日はダンゴウオ中心のマクロダイブとなりました。
 そんな訳もあって今回スナビクニンはスルーです。

 さてそのダンゴウオ、とりあえず2固体確認です。結構大きくなっています。今年はどれ位まで残ってくれるでしょうか。とりあえず去年の記録では最後の1固体、7月中ほどまでおりましたよ。ただ例年このゴールデンウィークが一つの山場であることは確かです。

 ハナタツも元気でおりました。こちらは何となく定着した感があります。
 しかも今日はキタマクラの赤ちゃんがハナタツに身を寄せ合うように身を潜めていて、なんとも…、なシーンを披露していました。果たしてキタマクラはハナタツの存在に気付いていたのだろうかと、今になって幾らかの疑問符が頭に浮かんでいます。
 因みにハナタツはヤギに尻尾を絡ませて揺ら揺らしているので、とても画になります。

 ウミウシではハナオトメウミウシの大人と赤ちゃんに出会えました。あとはカメキオトメウミウシ、コモンウミウシ、ミツイラメリウミウシなど出会えています。

 ウミウサギはスミレコボレバケボリ、ベニキヌヅツミ、トラフケボリです。トラフケボリはほぼ番。仲良く並んでおりました。ここの2匹はもはや定番です。今後産卵等楽しみです。

 甲殻系では久しぶりにイソバナカクレエビが復活です。まだかなり小さいですけど、何と言うか未来への希望です。

 他はコケギンポも大小元気にしております。
 ネンブツダイも群れています。紛れてイサキもちらほら姿を見せています。なかなかワイドでも楽しめます。

 以上今日のレポートでした。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2013-04-29 22:56 | ダイビング ログ

今日の初島 2013/04/28

 久しぶりの更新ではありますが、蓋を開けてみれば今日は初島ネタです。☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 これはこれでまた久方ぶりの初島です。
 ここ最近では悪くない海況となったようです。ただまだ春の名残は否めないところでしょうか。
 とはいっても島です。海も穏やか―若干水が冷たく感じられましたが―楽しい海となりました。
 透明度   10m前後      水温   16~17℃

 ~生物情報~
 どちらかと言うとここはワイドの傾向がありますが、僕が潜るとどうにもマクロになってしまいます。
 と言ったところを踏まえた上で。

 先ずは初島名物ジョーフィッシュ。
 少し寒い性か元気には欠けるようでした。でも穴からこちらの様子を伺う双眸は相変わらずクリクリで愛らしいですね。

 “同じ穴の狢”??―厳密には、そうではないですね―コケギンポの赤ちゃんも可愛かったですよ。

 綺麗なオレンジのイロカエルアンコウにも出会えました。
 なかなかの風格でしたよ。10cm位です。 

 クマノミも健在!!!

 甲殻系。
 オルトマンワラエビ。いわずと知れたヤドカリの仲間。いつもいますが、個人的には飽きないです。どこか惹かれてしまうのです。
 そしてこの時期にアカホシカクレエビ。綺麗でした。
 マルガザミの子供。グビジンイソギンチャクについていました。 
 そして又しても得体の知れない共生エビさんも目に付きました。モリスコモンサンゴ(かな?)の亀裂の中に潜んでいます。

 最後はネコザメと浅瀬に群れを成すクマザサハナムロ?の幼魚の群れ。
 ネコザメは至近距離で、そしてクマザサは陽射しに照射されてキラキラとすこぶる綺麗でした。

 そんな初島の生物事情でした。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Inforamation → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2013-04-28 21:57 | ダイビング ログ

今旬Pics ― ハナオトメ、オセザキオトメ&ホソジマオトメ

a0263982_22554388.jpg果たして彼らに“顔”―表情を抱くところ―があるのかは定かではないが

いわんや感情などなおさらだ

まぁ、それでもどこか彼らに“意”なるものを感じ取ってしまいたくなる

そこが面白い

彼らが醸し出す“表情”の―実に面白い―不思議な世界だ
a0263982_225898.jpg
a0263982_22593643.jpg
a0263982_22594848.jpg
a0263982_2302922.jpg
この時期よく目にするオトメ系ウミウシ
ちょこっとだけお顔を拝借して参りました。

by ☆な お き☆ xoxo
by airhyme | 2013-04-24 23:11 | 生物情報 pics

今日の石橋 2013/04/23

 みなさん、こんにちは。
 今日の石橋の海は久しぶりに落ち着いた穏やかな海でした。
 ただ朝のうちは水面もしくは表層に赤潮が出る事態となり、浅瀬ではほとんど視界が保てない状態。
 それでも水深3m以深からはそれなりの透明度はあったように思えます。
 その後赤潮は影を潜め表層の透明度も上がりました。しかしながら全体としては濁りが飽和し平均化した印象です。
 透明度   ~6m        水温   16℃

 ~生物情報~
 今回もスナビクニンGETです。
 なかなか撮影には至りませんが、そのうち何とかしたいものです。
 それはそうと日に日に大きくなっているような気が…

 ダンゴウオは1固体のみ確認。
 昨日一昨日のうねりの影響が多少出たのかもしれません。

 一方でハナタツ、今回も出会えました。これもまた邂逅の喜び。
 場所も固体も以前とは違えるわけで、一連の出会い偶然としか言いようがないのですが、結構な確率で出会っています。ビックリです。

 ウミウシではカメキオトメウミウシ。ウミウサギではトラフケボリ。

 その他キタマクラの赤ちゃん、コケギンポそしてミノカサゴといった面々と出会えてます。

 海況はどうであれ生物的にはまずまずの成果だったかと。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2013-04-23 23:49 | ダイビング ログ

今日の石橋 2013/04/21

 今日は元グラントスカルピンの金子さんがいらしてダンゴウオスペシャリティー講習をされていました。ちょっとだけ聞き耳を…やはり奥が深いようですね。
 それはそうとなぜにこんなに寒いのか???☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 
 さて今日の石橋、言ってみればギリギリです。
 うねりも入りました。
 春濁りも拍車が掛かったようです。
 でも水温は温かいのでした。(外気温との温度差がそう感じさせるのでしょうけど)
 午後からはエントリー不可です。
 透明度   1~3m      水温   16~17℃

 ~生物情報~
 こんな時でもスナビクニン、確認しました。
 結構はまっています。

 ダンゴウオも健在。成長しています。

 ウミウシ関連。
 オトメウミウシ、キイロウミコチョウなど確認しています。
 ただ一固体だけ正体不明のミノウミウシもいて、気になっています。ムラサキミノウミウシの幼生のように見えたのですが、どないでしょ???!!!(きかれても…でしょうけど)

 コケギンポも相変わらずですね。チビちゃんから大きいチャンまで賑やかです。

 今日の海況ではこれが精一杯でした。

 以上。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2013-04-21 21:11 | ダイビング ログ

今日の石橋 2013/04/20

 今日は随分と寒が戻りました。☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 石橋の海は多少のうねりで波が時折入ります。
 ただそれほど強い波にはならず、また中に入ってしまえば然程気になることもありません。
 透明度はやはり春の濁りが残ります。
 水温は外気温が下がったこともあり、温かく感じられるほどです。
 透明度   3~5m        水温   16℃

 ~生物情報~
 スナビクニン、今日は4固体。ただ撮影には至らず。なかなか難しいですね。
 固体はどれも薄いクリーム色、模様なしです。

 ダンゴウオも健在。とりあえず確認した固体は結構成長しています。

 ウミウシでは久しぶりにホソジマオトメウミウシ登場。割りと好みです。
 乙女系揃ってきました。

 ここ暫く甲殻系が少し弱いですね。
 因みに卵を抱えていたナガレモエビは居なくなってしまいました。
 マルガザミも、スナイソギンチャクは出ているものの、潜んではいないようです。
 何かしら当てていきたいものです。
 
 ウミウサギのスミレコボレバケボリ、トラフケボリはいまでも健在です。

 とりあえず今日のところはこんな感じで。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2013-04-21 00:15 | ダイビング ログ

今日の石橋 2013/04/17

 静謐の世とは何れ何処の夢物語と改めて痛感させられてしまう今日この頃…☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 さて石橋の海はまたもや春の濁り。なかなか渋い様子です。
 透明度   3~5m    水温   16℃

 ~生物情報~
 今回のダイビングはスナビクニンのためだけのダイビングとなりました。
 
 殆ど深度3mを超えない程度の浅瀬をひたすらメカブだけをめくる作業です。

 それでも思いのほかそこには生物が豊富に生息していて驚きますが、ウバウオをはじめ沢山の甲殻類に出会えます。

 そしてスナビクニン、今回は少なめで2匹に出会えました。
 前回出逢った縞模様のスナビクニンとはまた別の個体で今回は真っ白な模様無しの個体です。
 大きさも割りとあり、ぬいぐるみのようなフサフサ感のある肌身が何とも印象的。一度出会ちゃうと結構はまります、ねッ。

 それにしてもうねりがあると、捜索ましてや撮影は困難を極めます。
 
 捜索もとりあえず石を置いてマーキングをするのですが、あまりにも浅いのでうねると飛んで消えてしまうこともあって、なかなか大変です。

 とは言えこの時期限定、ダンゴウオとあわせて人気のスナビクニン、オススメです。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~

 

 
by airhyme | 2013-04-18 20:57 | ダイビング ログ

今旬Pics ― ナガレモエビ(胎卵)

a0263982_23162264.jpgここ暫くよく目にするエビさん

とても気になって注目度も高めのエビさん

擬態もそこそこに見事だが
その色合いはなかなかに良い

色彩変異もあるようだが
こん子はとても綺麗な赤

体形もシャープで… と思いきや
おなかがポッコリと
卵を抱えている様子

まさに今旬!!!
注目度はさらにUP!!

a0263982_2318659.jpg本当はこんなにスリムなのよ


by ☆な お き☆ xoxo
by airhyme | 2013-04-16 23:43 | 生物情報 pics

今日の石橋 2013/04/15

 みなさん、こんにちは。
 今日の石橋は多少のうねりが入ります。水底でも若干の揺れを感じるときがありますが、それほど問題ではありません。
 特筆すべきは水温と透明度。水温一気に下がりました。これは寒の戻りと言うのでしょうか。そして透明度は、一気に上がりました。正に冬の海に巻き戻った感じです。
 透明度  8~10m      水温   14~16℃

 ~生物情報~
 今日は結構収穫がありますた。

 先ずはスナビクニン、―藤沢のショップダイブべりー佐藤氏の情報を元に捜索(ありがとうございます!!!)―出てます。結構見られます。今日確認出来たのは縞模様の白ばかりですが、水玉も出ているとのこと。メカブ注目です。

 その序でに、と言ってはなんですが、ハナタツもGET。赤味の強い綺麗な固体です。以前に見ているものとはこれもやはり違う固体の様なので、結構な数ここにはいるのかもしれないと、改めて思いました。因みにお腹が大きくなっています。

 そしてダンゴウオはもはや定番となりますが、健在です。だいぶ広範囲に固体が広がっているようですが、それぞれ順調に成長を見せています。

 ウミウシ関連。
 イナバミノウミウシ、コヅチミノウミウシ、スウィートジェリーミドリガイ、オトメウミウシ、キイロウミコチョウ、コモンウミウシ、ヒロウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシといったところを確認。それにしてもイナバミノは驚くほどに小さい!!!

 甲殻系ではナガレモエビ、―個人的には―注目しています!!!しかも抱卵中!

 その他キタマクラの赤ちゃんやコケギンポ等多数出会えますし、ネンブツダイの群れも旬なものとして見応えありです。

 以上今日の報告でした。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2013-04-15 20:20 | ダイビング ログ