ブログトップ

☆Diary☆ old air rhyme石橋ダイビング現地ガイドサービス

airhyme.exblog.jp

<   2013年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

今日の石橋 2013/08/31

 今日で8月も終わり。夏も終わってしまいます。其々の“夏物語”、しましたか?☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 さて今日の石橋の海は、多少のうねりはありましたが、まずまず穏やかな海況です。
 ただ水中はちょっと痺れます。濁った潮が入った上に冷たい潮までも…ダブルパンチです。
 透明度  5m前後    水温  20~27℃

 ~生物情報~
 オドリハゼ、居ませんでした。
 聞くに相当臆病なハゼとのこと。しかも超レア。
 周りにミノカサゴが徘徊しているのも原因か、水温の著しい低下が原因か。共生のエビさんも居ませんでした。
 前回のときもほんのちょっとカメラをカクッと落としただけで消えてしまったのでなかなか気難しいようです。
 他のオススメハゼさん達は健在です。
 ササハゼ。こちらも一気に寄りすぎるとアウトです。
 クロイトハゼのペア。ちょっと地味ではありますがお気に入りです。
 ガラスハゼは沢山。
 そう言えばハチマキダテハゼも今日は見つけられませんでした。

 で今日のトピックはナンヨウツバメウオ。
 ようやく入りました。すでに大きくなっていて5cm程です。

 その他ではハナタツ、今日は2固体。健在です。

 クマノミ&ミツボシクロスズメダイの赤ちゃん、元気です。

 いま割と気になっているクロイシモチの黄色の赤ちゃん。一見するとミジンベニハゼ。でもどこか垢抜けない雰囲気ですぐばれる。

 ハタタテダイ、少しずつ増えています。

 ベニカエルアンコウは1固体確認。

 アオリイカ、ハッチアウト。

 ハナオトメウミウシの交接。

 ウミウサギガイでは久しぶりに新入り。
 セロガタケボリ登場―個人的にはテンション上々です―。スミレコボレバケボリ、トラフケボリのファミリー、ベニキヌヅツミは健在。

 甲殻系でも新入り―寧ろ復活―。
 アカホシカクレエビ。キタマクラをクリーニングしているシーンを見ることが出来ました。
 ちょっとしたクリーニングスポットになってくれると良いのですが…。
 他イソギンチャクモエビ、カザリイソギンチャクエビを確認。健在です。

 何と言うか空振りもありますが、新たな出会いもあり、ある意味、良くも悪くも思った通りには行かないものです。まぁ、それがまた良いのかもしれませんが…。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~ 

 
by airhyme | 2013-08-31 21:03 | ダイビング ログ

今旬Pics ― ミノカサゴ(yg)

a0263982_1943562.jpg岩陰に潜むこん子
5cm程の大きさ

この時期ならではの可愛さが表情にも浮かぶ
a0263982_1943580.jpg鰭の美しさもまたこの時期ならではだ
大きくひらいだ胸鰭はその棘条が緩やかに放物線を描きながら撓み華やかな雰囲気を醸す
条膜も淡く色付き彩りを添える
a0263982_197131.jpg中々下を向いたままこちらを向いてくれないのがちと寂しいがそれも愛嬌と思えばまた楽し

事実そのうしろ姿ですら美しく画になってしまう
a0263982_1975458.jpg


by ☆な お き☆ xoxo
by airhyme | 2013-08-28 19:51 | 生物情報 pics

今日の石橋 2013/08/27

 湿っぽくするつもりも懐古的―ノスタルジア―に浸るつもりも、ましてや今を比較し憂うつもりなども毛頭ないのですが、折り合って昭和の歌姫―天才とも称され―と言われるある一人の歌い手さんのうたを聴きながら、―『上手いな』って、歌唱力だけではない伝わる重みなどもひっくるめて、そう感じ入りながら(R.I.P)―、これを書いています。☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 今日の海も若干のうねりが入ります。
 透明度は昨日と変わらず、白く濁った印象です。
 透明度  5~7m   水温  24~28℃

 ~生物情報~
 ここ最近左側のエリアばかりに執心しておりますが、今日もそうなりました。

 なぜなら…

 ハゼが熱い。
 もとより今年は南エリアではガラスハゼが異様に多く、また浅瀬ではクロユリハゼも大量に出現しています。
 そして今年の石橋は左の砂地エリアでも―元々それほどここ石橋では共生ハゼなどに対して然したる話題も上がる事無く今日まで至っているのですが―なにやら巣穴がやたらと多く目立つのです。

 ササハゼのオチビちゃんやクロイトハゼなど
 これまで目抜き―今旬―情報をお伝えしているのですが、今回よく巣穴を観察していると何やら今まで意識したことがなかった小さい生物―ハゼ―がチョコチョコ動いていたり、ホバーリングしているではないですか…

 ―てなわけで時間もあっという間に過ぎてしまうのです―

 紹介していきます。
 今日出会った注目のハゼさんたち。

 これまで紹介してきたササハゼのオチビちゃんとはかなり近い距離でオドリハゼの赤ちゃん。
 そのまた近くにヤツシハゼ(と思わしき)の赤ちゃん。
 ダテハゼに混じってハチマキダテハゼの赤ちゃん。
 クロイトハゼはいつものように番で。

 巷ではハタタテハゼが出た出ないで話題が席巻しているようで、ハゼ関連今年は目が離せないようです。
 今年こそは例えばネジリンボウ、あるかもしれません。何となく予感がします。

 選出したての“~勝手に~ネ申8” 早々ではありますが近々組み換えます。

 因みに他出会った注目生物はハナタツ―残念ながら今日は1個体だけしか確認できませんでした―、カエルウオ、タツノイトコ、ミノカサゴの赤ちゃん―こちらも1固体だけ、大きいほう―、テンスの子といったところです。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2013-08-27 22:10 | ダイビング ログ

今日の石橋 2013/08/26

 朝夕と涼風が素肌に心地よくすり抜けていくようになりました。☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 さて今日の石橋の海は、うねりが多少入りました。それでも波はそれほど立たず、まずまずの状況だったかと思います。
 透明度は多少潮が変わった印象で、少し回復を見せていました。泥水的な濁りではなく白濁りと言った感じです。
 水温、時折冷たく感じる潮に当たります。
 透明度   5~7m     水温    24~28℃

 ~生物情報~
 先ずは浅瀬からハナタツ今日は3固体丸々出会えました。

 カエルウオ、今日は1匹でしたけど、健在です。

 ソラスズメダイが少しずつ増えているのが良い感じですね。
 浅瀬を彩ります。

 クマノミとミツボシの赤ちゃん、勿論元気です。
 
 ベニカエルアンコウも定位置で確認。

 砂地に下りてやはり今旬一押しササハゼのオチビちゃん、今日もピョコピョコ元気な様子でした。

 そして昨日出遭ったザ・カエルアンコウ、今日もそのまんまのところで鎮座しておりました。
 サイズ7cm、黒です。

 テンスの幼魚、今年は良く出ています。

 そしてそして今旬の推しメンNo2はやはりミノカサゴの赤ちゃん。今日はなんと2匹並んでのお出迎えでした。
 ちょーラッキーです。

 やはり砂地は今、結構盛り上がっています。

 甲殻系の話題。
 今日一はイソバナカクレエビ。久しぶりの登場です。Theガラス細工のおもちゃ!!!遂に戻ってきました、と勝手に盛り上がっています。ザラカイメンカクレエビと共に大プッシュです。
 唯一つ残念なお知らせ。イソギンチャクモエビ、消えました。何故に??????!!!!!!

 ウミウサギではトラフケボリのファミリー久しぶりに確認して参りました。
 なんとガラスハゼとの2? 3? 4? ショット、可能です。レッツ トライ!!!
 スミレコボレバケボリも健在です。
 ベニキヌヅツミも健在です。

 そして最後に中層。アオリイカ―正真正銘石橋産今年産まれの若者達です―が結構な数で編隊遊泳しています。しかも結構寄れる。マクロに没頭した後、最後はちょっとワイドな感じでしめる、なんて感じも悪くないですよ。

 とにかく見所満載です。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2013-08-26 20:13 | ダイビング ログ

今日の石橋 2013/08/25

 生憎の天気とはなりましたが、涼しい一日になりました。みなさん、こんにちは。
 今日の海も穏やかです。
 透明度は昨日より若干良くなった印象もありますが、陽射しがない分少し暗めに感じられました。
 水温はまた温かく感じられるようになっています。
 透明度   5m前後    水温   25~28℃

 ~生物情報~
 やはり砂地が面白くなっています。
 
 久しぶりのザ・カエルアンコウ登場です。
 因みに岩場のベニカエルアンコウも健在。

 ササハゼの赤ちゃん今日もピョコピョコ巣作りに励んでおりました。
 それとあわせここ最近少し気になって目に付くのがクロイトハゼ。番で巣作りをしています。今年はよく見かけるかもしれません。ちょっと地味ですがなかなか見ていて面白いハゼです。

 ミノカサゴの赤ちゃん(大きいほう)も確認。
 スーパーオチビちゃんは今日は未確認です。

 浅瀬に戻ってハナタツ、今日は2固体確認しております。

 カエルウオはなんと3匹、なにやら一所に集まって身を寄せていました。

 クマノミ&ミツボシの赤ちゃんも健在です。

 ウミウシではオセザキオトメウミウシ、キイロウミコチョウ。
 ウミウサギはトラフケボリ。
 甲殻系はイソギンチャクモエビ、カザリイソギンチャクエビ、ザラカイメンカクレエビ、クシノハカクレエビ、チュウコシオリエビなど確認しています。

 今日もどちらかと言うとマクロ志向となりました。ただなかなか充実しております。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2013-08-25 17:10 | ダイビング ログ

今日の石橋 2013/08/24

 みなさん、こんにちは。
 今日の石橋の海もうねり等は殆どなく穏やかでした。
 ただ透明度が…
 水底まで降りればそこそこは抜けますが、全体の印象としてはあまり良くはありません。
 透明度  2~7m    水温   24~28℃

 ~生物情報~
 先ずは今日のヒットアイテムはミノカサゴの赤ちゃんⅡ。
 前回紹介した固体より更に小さいベイビーちゃんです。
 3cmぐらいでしょうか。
 めちゃめちゃ可愛いので大プッシュです。

 そしてササハゼの赤ちゃん。こちらも健在で推しメンです。
 とにかく警戒心が強く臆病なので取り扱い注意です。

 更に今日はツバクロエイの子供にも出会えました。久しぶりの再会です。
 大きさは30cm程です。
 序でにアカエイの赤ちゃんにも出会えています。

 またカンパチ、イナダがそれぞれ20匹位の群れで回遊していました。

 他砂地ではクロイシモチの黄色の赤ちゃんやネンブツダイ、イサキ等稚魚の群れ、マゴチやワニゴチ、ハナハゼ、テンス(yg)、ニシキハゼ、ハタタテダイ等が見られるようになっています。
 ここに来て砂地が面白くなってきました。

 その他今日出会った生物はクマノミ&ミツボシクロスズメダイの赤ちゃん、ベニカエルアンコウ、コケギンポ、クロユリハゼの群れ、カザリイソギンチャクエビ、ベニキヌヅツミ等です。

 それとアオリイカのハッチアウトも続いています。

 透明度はいまひとつ振るいませんが生物的にはかなり振るっています。
 今後も色々と期待できそうです。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
 
by airhyme | 2013-08-24 20:05 | ダイビング ログ

今日の石橋 2013/08/22

 今年も―暑すぎるほどに暑かった―夏の風物詩が一つずつ終わっていきます。☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 今日の海はまずまず穏やかでした。
 透明度は良かったです。一過性かどうかはなんともですが…、良かったです。
 透明度   10m前後    水温   23~27℃

 ~生物情報~
 今回は北エリア中心の情報です。
 
 先ずはハナタツ、3匹確認です。
 とりあえず定位置―しかも同じ岩―におりました。
 なんか凄いです。

 そして今日のオススメは2つ。
 一つはミノカサゴの赤ちゃん。
 岩陰に隠れています。
 5cm位なのでとにかく可愛いです。
 暫く居てくれそうです。

 2つ目はササハゼの赤ちゃん。
 割と南方系で綺麗なハゼです。
 しかもこちらも小さい―5cmぐらい―のでやはり可愛いのです。
 結構な臆病なので要注意です。
 すぐ隣でハナアナゴが巣穴を作っていたのでちょっと心配なところ…。

 少し沖合いにはクロイシモチの赤ちゃんも出ています。
 黄色い固体です。サイズは2cm程。

 やはり砂地はネンブツダイ等の稚魚たちで賑わいます。

 甲殻系ではイソギンチャクモエビは確認。健在です。

 ウミウシはキイロウミコチョウのみ。

 アオリイカの産卵は今日は見かけませんでした。
 
 最後上がり際でカエルウオ確認しました。
 さすがに潮が引くと厳しいところです。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2013-08-22 18:22 | ダイビング ログ

今日の石橋 2013/08/21

 ブルームーン。みなさん、こんにちは。
 うねります。前線の影響かはたまた台風の影響か…。
 時折強めの波が当たります。ただそれ以外はそれほどでもないのでタイミング次第です。
 海の中は下げ潮いっぱいで透明度はそれなりに良くなります。同時に水温は水底で少し冷たく感じられます。その後上げに入って濁ります。水温もその時点で上がってきます。
 透明度  4~9m    水温   23~28℃

 ~生物情報~
 アオリイカの産卵、続きます。
 ハッチアウトも続きます。
 ここに来てのアオリイカ三昧。

 それと稚魚の群れ、群れ、群れ。
 ネンブツダイやイサキやスズメダイ等。
 それなりの見応えです。

 一方マクロ。
 今日も少しネタ不足ですが、出会った生物は…
 
 クマノミ&ミツボシクロスズメダイの赤ちゃん。だいぶ成長しました。

 ハタタテダイ。数匹ずつの塊で各所で屯しています。少しずつ増えています。

 ベニカエルアンコウ、久しぶりの出会いです。果たして定位置に落ち着いてくれるでしょうか。
 見つけたはなからもぞもぞ動いてはいましたが…。

 コケギンポ、相変わらずの多さです。

 甲殻系ではイソギンチャクモエビ、カザリイソギンチャクエビ、チュウコシオリエビはとりあえず確認。

 ウミウシではキイロウミコチョウ、そして久しぶりの登場コモンウミウシ。
 クロスジリュウグウウミウシは探しきれませんでした。

 ウミウサギではトラフケボリのみ確認。

 
 またその他目に付いたのは砂地に出てテンスの幼魚が数匹、ハナハゼも数匹―無論ダテハゼ&テッポエビ―、コウベダルマガレイ、ニシキハゼ等。
 ゴロタではクロユリハゼの幼魚が結構群れています。
 キンギョハナダイの群れも何気に捨てがたいアイテムかもです。

 とにかくもポテンシャルはかなり高めです。
 今後の情報に乞うご期待!!!

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
 
  
by airhyme | 2013-08-21 20:14 | ダイビング ログ

今日の石橋 2013/08/20

 少し早くなったと感じる夜の帳が降立つと、早くも秋の音色が開けた窓の軒先より響きます。夏は短し。☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 土用波ということでしょうか、うねりが入ります。大きな波とはなりませんが、多少の白波が岸辺を走ります。
 透明度は午前中はまずまずでしたが、午後からはやはり濁りが増します。流れも少し感じられ、潮が動いているようです。
 水温は異常に温かいです。
 透明度  3~8m    水温   25~29℃

 ~生物情報~
 今回はアオリイカの産卵シーンが見られました。
 割と小さい群れで広範囲に各所で行われているのが確認できます。
 勿論ハッチアウトも同時進行中。楽しめます。

 ネンブツダイやスズメダイなどの稚魚が湧いて出ています。
 産卵床周りもそうですが、随所物陰に溜まる様に魚影の塊が出来ています。
 ライトを当てるとキラキラと反射して綺麗です。

 クマノミやミツボシの赤ちゃんは無論健在です。
 ハタタテダイやコケギンポも元気です。

 イナダも回遊しています。

 今回はちょっとマクロネタが薄いのですが、甲殻系ではザラカイメンカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、チュウコシオリエビなどは確認。またウミウシ関連ではキイロウミコチョウを確認しています。あしからず。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~

   
by airhyme | 2013-08-20 20:29 | ダイビング ログ

今日の石橋 2013/08/18

 気が付いたら8月も半ばを過ぎたのですね。お盆最終日。夏も後半戦です。みなさん、こんにちは。
 朝のうちは穏やかな海も、午後からは南よりの風で風波が立つここ最近の傾向です。
 さて透明度、前日ほどの濁りからは脱したようです。ただ浮遊物や濁った潮の塊は満ち干の加減に左右されるようです。時間帯や場所や深度により変化が見られます。
 水温は至って温かくなっています。
 透明度  5~8m     水温  25~28℃

 ~生物情報~
 今日の一押し―かなり個人的嗜好性の強いところではありますが―はクロスジリュウグウウミウシの赤ちゃんです。
 リュウグウ系は実に久しぶりなのですが、やはり小さいながらに実に綺麗です。居付いてくれるといいのですが…。因みにレア度は高いと思います。
 他ウミウシ関連ではハナオトメウミウシ、キイロウミコチョウなど確認しています。
 ウミウサギではトラフケボリのファミリー、スミレコボレバケボリ、ベニキヌヅツミがオススメです。 

 更にオススメは前回紹介したアジアコショウダイの幼魚。こちらも健在です。

 クマノミ、ミツボシクロスズメダイの赤ちゃんも元気です。

 ハタタテダイが少しずつ増えてきました。例年より早い気がします。この分だと今年はかなりの盛況になりそうな予感…。

 アオリイカは産卵シーンには遭遇出来ませんでしたが、ハッチアウトはまだまだ終わりません。こちらも中々一興です。

 甲殻系ではザラカイメンカクレエビ、クシノハカクレエビ、コマチコシオリエビ、チュウコシオリエビ、ホムラチュウコシオリエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビなどおすすめです。

 今回も結局マクロ中心でした。ワイド系少し寂しい―イナダが数匹入りましたが―印象です。

 以上今回はここまで。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2013-08-19 10:23 | ダイビング ログ