ブログトップ

☆Diary☆ old air rhyme石橋ダイビング現地ガイドサービス

airhyme.exblog.jp

<   2013年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

今日の石橋 2013/09/30

 22号がやってきますね。小さいながらも関東近海まで寄ってきそうです。果たしてその影響は如何に。☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 今日の海はまずまず穏やかな海況となりました。時折うねるも然したる強さにはならない為問題無しです。
 透明度はぼちぼち。多少の白濁りは残りますが、水そのものは綺麗な印象です。
 透明度  7~10m    水温   24~26℃

 ~生物情報~
 海況がぼちぼちなら生物もぼちぼちといった感じです。
 多少の回復は見られるようです。

 浅瀬のハナタツ、帰って参りました。とりあえず1固体確認。

 ナンヨウツバメウオ(yg)も健在です。

 岩頭のスズメダイやホンベラ、クロホシイシモチ等の稚魚は相変わらずの賑わいを見せています。

 少し深く行ってクマノミやミツボシは定位置で元気です。

 ベニカエルアンコウは一気に3固体の確認となりました。
 いずれも薄ピンク色です。

 砂地ではカンパチやイナダの行き交う姿が何度となく見られます。
 アオリイカの編隊遊泳も確認できます。
 また転石には定番のコケギンポやミノカサゴの赤ちゃん、コロダイの幼魚等も見られます。
 ただ残念なのはハゼ系。南エリアのガラスハゼ―相変わらず大量発生中―以外は殆ど姿を見せず淋しい限りです。

 その他甲殻系でイソバナカクレエビ―御贔屓気味。かなり増えました。ところにより鈴生りです―、ザラカイメンカクレエビ、クシノハカクレエビなどオススメしております。

 ウミウサギではスミレコボレバケボリ、トラフケボリ、ベニキヌヅツミ、アヤメケボリが見られます。

 ウミウシはここ最近減ってしまいました。
 とりあえずキイロウミコチョウ―いまだ良く見かけます―、そしてアオウミウシの幼体―これはこれでかなり魅力的なのですが―、ムカデミノウミウシの幼体は目に付きます。

 とにかくも気長に探します。色々と。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~ 

  
by airhyme | 2013-09-30 19:10 | ダイビング ログ

今日の石橋 2013/09/28

 台風が過ぎる度、秋の様相が深まっていきます。日中の陽射しはまだ暑く感じるもどこか柔らかく、肌を抜ける風は心持冷ややかに感じられます。またまた久しぶりの更新です。☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 台風以降まだざわついた感じの残る海況ですが、透明度は思いのほか悪くはありません。白く濁った感じは否めませんが、それなりに見えています。
 水温は相変わらず温かく感じられます。
 透明度  7~8m     水温   24~26℃

 ~生物情報~
 生物的にはなかなか厳しいです。
 もう少し落ち着かないと、といった感じです。

 稚魚の群れは変わらずなかなかのものです。
 スズメダイ、クロホシイシモチ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、ホンベラなど賑わいを見せています。

 砂地ではミノカサゴの幼魚、ハタタテダイ、テンスの幼魚、コノハガニ(♂♀)などに出会えました。

 ゴロタではクマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ベニカエルアンコウ、コロダイの幼魚など健在です。

 他甲殻系ではイソバナカクレエビ、クシノハカクレエビ、ザラカイメンカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、チュウコシオリエビなどが見られます。

 ウミウシはキイロウミコチョウ、ウミウサギではトラフケボリ、ベニキヌヅツミを確認しています。

 また中層ではアオリイカの編隊遊泳(20匹位)が見られます。
 イナダやカンパチも時折横切っていきます。

 なかなか台風前の状況を取り戻せませんが、ゆっくり構えるしかないようです。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~

 

 
 
by airhyme | 2013-09-29 17:13 | ダイビング ログ

まさかの

本日の石橋、クローズとなりました。
こんなにも早く、遥か遠方より及ぶ台風の影響なのでしょうか。

もとより強い北東の風が予報されてはいましたが、うねりも伴ってのまさかの大時化です。

さて今後、20号の本州上陸は避けられそうではありますが、その予想される進路等を鑑みると沿岸部、相当数の影響は避けられない様相を呈しています。

とてもヤバイかもです。

それでは皆様。

by ☆な お き☆ xoxo
by airhyme | 2013-09-23 08:23 | 海のお話、とか

今日の石橋 2013/09/22

 みなさん、こんにちは。
 今日の海は昨日よりは落ち着いた印象です。
 時折うねりは入りますが、セットの間隔は長いのでそれほど出入りには問題ないかと思われます。
 ただ多少水の中揺れる感覚は否めません。
 透明度はやはりいまひとつです。水深を-20mまで取れればそれなりに見えるといったところ。
 水温は変わらず温かいままです。
 台風20号―本州の直撃は免れそうです―の影響が気になります。
 透明度   2~5m     水温   25~27℃

 ~生物情報~
 北側エリアの砂地はなかなか厳しい状況続きます。
 ハゼ関係回復しません。
 
 ただタツノイトコやテンス、ムレハタタテダイなどは目に付くようになりました。
 またコケギンポ、キイロウミコチョウなど定番ものは普通に見ることが出来ます。

 逆に南側の魚影は中々のものでした。
 今日の一番はイサキ、数千の群れ。
 久しぶりに囲まれました。圧巻です。
 他にもイシダイやメジナ等の群れもかなり目に付きます。
 ネンブツダイの稚魚も帯状の群れを作り出しています。カンパチやイナダが数匹で回遊する姿も見られます。


 マクロ系では久しぶりにネッタイミノカサゴの赤ちゃんに出会えました。
 やはり雰囲気ありますね。
 クマノミやミツボシクロスズメダイ、ガラスハゼ健在です。

 その他甲殻系ではイソバナカクレエビ、ザラカイメンカクレエビ、クシノハカクレエビ、チュウコシオリエビ、イソギンチャクモエビ、カザリイソギンチャクエビ、コノハガニなどが健在。

 ウミウサギではスミレコボレバケボリ、トラフケボリ、アヤメケボリ確認出来ました。
 セロガタケボリは残念ながら居なくなってしまいました。

 最後に浅瀬のナンヨウツバメウオ(yg)、今日も水面でゆらゆらしておりました。

 今後ハゼ関連回復に期待したいところです。
 当然のことながら台風20号は気になりますが…

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~ 

 
by airhyme | 2013-09-22 18:59 | ダイビング ログ

今旬Pics ― カエルウオ

a0263982_2156431.jpg嵐が来ようがお構いなし
今日まで1年以上ここに住み続けるまさに主

ごくごく浅いところ
コンクリートに開いた穴に身を潜めながら
顔だけをヒョイと出している
時にこちらを窺う仕草で視線をよこす
そして目が合う(ような気がする)

なんともいえない表情はこの口元より発するようだ

良く見ると上顎よりかすかに覗くギザギザがまた愛らしい(?―個人的見解だが―)
a0263982_21573781.jpg逞しさ―いわば安定感―と可愛らしさ―愛嬌たっぷりです―とで、大プッシュ中

ただなかなか際どい浅さです
チャンスがあれば是非ともお試しあれ


by ☆な お き☆ xoxo
by airhyme | 2013-09-21 22:25 | 生物情報 pics

またもや

 みなさん、こんにちは。
 台風後、いまだ落ち着かない―うねりや透明度など気懸りなところ―海況ですが、そんな状況を憂いてる間にもまた台風20号の影が及んでいるようです。19号も相当な勢いで日本の南海を跳梁跋扈しているようですが、今回の20号もこれに勝るとも劣らないものになるとの見解があるようです。しかもコースが特に気になるところ。今後の動向から目が離せない状況です。
 なかなか生物情報どころではないようです。shock;;

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
by airhyme | 2013-09-21 20:45 | 海のお話、とか

今日の石橋 2013/09/20

 中秋の名月、見事でしたね。ご覧になられた方も多いかと思います。先だっての台風―内陸の各地で大きな爪痕を残す結果となってしまいました―が過ぎ去りし後、夏の名残は一掃され秋の深みが加速したようです。月を見上げる傍らで秋の虫が賑々しく鳴き、ススキを揺らす風も肌には少し涼し過ぎるぐらいに感じられます。久しぶりの更新となりました。☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 今日の海況、多少のうねりが残ります。
 透明度は濁った潮が入り込んで、いまひとつ良くありません。
 水温はかなり温く感じられます。
 透明度  5m前後    水温  25~27℃

 ~生物情報~
 まだ台風の名残で海中―生物たちもまた―落ち着かない印象です。
 
 とりあえず左側を中心に探索しました。
 浅瀬のハナタツ、奇跡的にというか、期待通りというか、何とか1固体定位置で確認です。
 凄い粘りです。

 更にはナンヨウツバメウオ(yg)も健在です。
 カエルウオも確認出来ました。

 岩頭に群れるスズメダイやホンベラ、そしてクロホシイシモチの稚魚たちは相変わらず賑やかに海中を彩ります。陽射しに照らされて輝いて見えます。

 砂地ではテンスの幼魚やハナアナゴ、コケギンポ、ウミウシではキイロウミコチョウ、そしてウミウサギの仲間アヤメケボリなどが見られました。
 さすがにハゼ系、いまだ姿を見せていません。
 ただ新たな巣穴も再建されている様子、それほど悲観的にならずとも、いずれ賑わいを取り戻すのではと期待しています。焦らず気長に待ちたいところです。

 現状、先ずは海が落ち着くのを待つばかりです。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
by airhyme | 2013-09-20 16:20 | ダイビング ログ

台風18号

今期初の関東襲来となる18号、当初はもう少し東ー沖合いーからという予測もあったようですが、その後進路は大きく西側に食い込み内陸に入ったところから関東に上がってくる見通しになりました。
そのため西湘界隈の海には直接的大きな被害は及ばないと期待出来ます。
今現在は確かに石橋の海況大荒れの様相を呈していますが、海中の生物たちはなんとか乗り切ってくれると信じたいところー去年のように持ってかれるだけ持ってかれて何ももたらさなかったという苦い記憶が頭を過らない訳ではありませんがーです。そしてあわよくばお土産も期待するのでした。
とにかく連休明け、ですね。

それでは皆様。

by ☆な お き☆ xoxo
by airhyme | 2013-09-15 10:12 | 海のお話、とか

今日の石橋 2013/09/14

台風やって来ますね。☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
16日(月)には関東直撃となりそうな今回の18号、各所進路予想を出していますが、海上沿岸をかすめて行くようだとこの界隈の海中もかなり揉まれそうです。雨の影響もあわせて気掛かりです。
今のところはまだ穏やかな海況を見せていますが、それでも時折ー相当に長い間隔ですが、沖合いから海面をこんもりと隆起させるようにー強めのうねりが入ります。遠くに台風があることを思わせるある種の独特な雰囲気が醸し出されます。

生物的にも充実している今の状況、ー台風の度に思うところではありますがー果たしてこの点において吉と出るか凶と出るか、結論は連休明け。

by ☆な お き☆ xoxo
by airhyme | 2013-09-14 08:47 | 海のお話、とか

今日の石橋 20213/09/12

 別段そんなに熱望していたわけではないのです。寧ろ静観。でも決まってみると不思議です。やっぱり嬉しい物ですね。そして気持ちも何となく上向く。先日決まった東京オリンピック2020。『7年後、自分は…』そんな風に思った人たちも多かったのかもしれません。無論課題は多いようです。でも未来に輝く“希望”となって欲しいものです。折角、“東京オリンピック”が歴史を彩った過去の1ページから未来への新たなそれになっていくわけですから。☆なおき☆です。みなさん、こんにちは。
 海況、安定してます。とても穏やかです。
 透明度も悪くありません。
 水温もかなり暖かく感じられます。
 良い海です。
 ただ台風、来ますね。
 透明度  7~10m    水温   25~26℃

 ~生物情報~
 朗報!!!
 遂に、そしてやっぱり、出ました。ネジリンボウ。しかも2匹。
 今季は高い期待―感じるもの―があっただけにテンション上がりまくりです。
 素敵過ぎます。

 今年の砂地は熱いんです。(そうなると消えてしまったオドリハゼが無性に気になります)

 その他ササハゼも2匹、クロイトハゼ、ハチマキダテハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、そして何だか訳の分からないチビちゃんハゼ達も、とにかく賑やかにやっております。

 それ以外今日出会った生物はナンヨウツバメウオ(yg)、カエルウオ―お気に入り―、クマノミ、アオリイカ、カンパチ、イナダ、カマス、ハタタテダイ、クロユリハゼ(yg)、スズメダイ&ソラスズメダイ(yg)&イサキ(yg)の混成群れ―なかなか素敵ですよ―、等など。

 ここ最近はどうにも左側ベッタリです(それでもその成果はありましたが)。

 以上。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
More Information → ~なぎ・さ・らうんど~
 
 
 
 
by airhyme | 2013-09-12 17:17 | ダイビング ログ