ブログトップ

☆Diary☆ old air rhyme石橋ダイビング現地ガイドサービス

airhyme.exblog.jp

タグ:現地ガイド ( 373 ) タグの人気記事

今日の石橋 2012/07/14

 なかなか厳しい状況が続く西湘界隈ですが、酒匂川から流れ出る雨の濁水は留まるところを知らないといった状況です。石橋も朝一では問題なかったのですが、一気に濁流の勢いに飲まれるといった感じになってしまいました。かろうじて5m以深まで入ればそこそこ視界を確保することは出来ますが、表層は何をか言わんやの状態です。そのためもあってか水底ではかなり暗く感じられてしまいます。

  透明度   ~5m    水温   21~22m

 ~生物情報~
 ダンゴウオ、ついに消えました。
 これまでの観察最長記録を残しとうとう居なくなってしまいました。お疲れ様でした。
 クマノミがまた新たに一個体増えました。これも越冬組みのようです。すでに大きさは10cm弱。不思議なものです。一体何処に隠れていたのやら…。
 アオリイカの産卵は続いています。卵塊も至る所に増えているようです。
 何やらちっちゃな小魚が、この透明度の中なおさらのこと、ゴミと間違うぐらいに、わさわさと群れています。ネンブツダイやイサキの稚魚もその中に紛れています。
 相変わらずキイロウミコチョウは鬼のように点在しています。今年の傾向です。

 そんなこんなでとりあえず落ち着いてみれば何気に生物の気配は感じられる海の中ではあるのでした。

 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。
 
by ☆ な お き ☆ xoxo
More Information → ~なぎさらうんど~



 
by airhyme | 2012-07-14 23:15 | ダイビング ログ

今日の石橋 2012/07/13

 みなさん、こんにちは。
 昨晩まで続いた雨の影響がやはり残ってしまったようです。
 隣接する酒匂川の河口から泥流が一気に相模湾に流れ出ています。
 この濁りが今後の南風でどう傾くのか、それによって相模湾各ポイント明暗が分かれるところです。
 今日のところは“惨敗”としか言わざるをえません。
 南風に乗せた一縷の希望は儚くも散り、南風を一気に寄り切った濁流の勢いに軍配が上がった感です。
 まだ明日にかけて強い南風が吹きます。雨脚も弱まる予報。多少潮も南に動いている様子です。明日朝日に照らされる水面は果たしていか様に映るでしょうか。

 そんなこんなで生物情報もありません。あしからず。

 それでは皆様また明日。
 ☆ な お き ☆でした。 xoxo
  More Information → ~なぎさらうんど~


 
by airhyme | 2012-07-13 21:18 | ダイビング ログ

今日の石橋 2012/07/12

 みなさん、こんにちは。
 今日は強い南寄りの風が吹いているので、西湘の海上はかなり波立っていますが、それでも石橋はなんとか大丈夫、エントリー可能。この後明日にかけてが気になるところではありますが、これ以上荒れないことを願うばかりです。
 透明度の方はやはり荒天の影響を受け少し濁り気味。
 水深を取って砂地水底まで降りてしまえばある程度は落ち着きますが、中層までは雨水などが入り込んでいるようです。
 時折激しく風が吹き出し怒涛の豪雨に見舞われる中、この南風にいちるの望みを託せればと思うのです。
 
 透明度  4~6m    水温  20℃
 
 〜生物情報〜
 海の状態は別として、海の中はやはり賑やかで良いです。
 アオリイカはしっかり砂地の産卵床(所謂ところの定位置)で産卵、そしてそのまわりにはイサキの赤ちゃんたちがわっさりと集まっています。
 そしてダンゴウオもいまだ健在。体はもう丸々です。
 クマノミはまた3個体に復活。ガラスバゼはだいぶ大きくなってペアに。砂地に降りてすぐの水底では何やらゴソゴソ。クロエリギンポ―ジミ線ではありますが―がやたら増えてます。ハナハゼベイベーも顔を見せ始めています。
 ウミウシ関連はここ暫く少し寂しいのですが、オトメ系、そして特にキイロウミコチョウは依然勢いがあります。また貝繋がりで言うならばアヤメケボリは健在、ベニキヌヅツミもぼちぼち見かけられるように。

 いずれやはりゴロタと砂地の際に生物の動きはあるようです。


 それでは皆様、またのお越しをお待ちしております。

 by ☆な お き☆ xoxo
 More Information → 〜なぎ・さ・らうんど〜
by airhyme | 2012-07-12 22:14 | ダイビング ログ